まるで骸骨のようなタトゥーを顔に施し、「ゾンビボーイ」のニックネームで知られたモデルのリック・ジェネストが自殺しているのが発見された。

「ゾンビボーイ」が自殺

 レディー・ガガのヒット曲「ボーン・ディス・ウェイ」のMVに登場して大ブレイクしたモデルのリック・ジェネスト(32)。

画像: 「ゾンビボーイ」が自殺

 全身にタトゥーを施していることから「ゾンビボーイ(Zombie Boy)」の名でも知られていたリックは、現地時間の8月1日の午後5時頃にカナダのモントリオールにある自宅で死亡。地元警察は自殺と判断した。

 8月7日には誕生日を迎えるはずだったリックは、33歳になる直前に自ら命を絶った。

 リックの早すぎる死を受けて、MVで共演したレディー・ガガがツイッターを更新。3件のツイートを投稿し、「友人のリック・ジェネスト、ゾンビボーイが自殺してしまい、ショックを隠しきれません」と追悼するとともに、自ら死を選ぶまで1人で抱え込んでしまわないように呼びかけた。

 さらに、自殺するまで人を追い込んでしまうメンタルヘルスについて話す機会をもっと作ることの重要性を語った。

画像: Lady Gaga on Twitter twitter.com

Lady Gaga on Twitter

twitter.com

 また、リックを広告塔に起用するなどモデルとしてリックの成長を手助けしたファッションデザイナーの二コラ・フォルミケッティもツイッターを更新し、彼の死を悼むとともに、「あなたは独りじゃない」とコメントして自殺防止センターの電話番号を載せた。

画像: nicola formichetti on Twitter twitter.com

nicola formichetti on Twitter

twitter.com

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.