『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の劇中で見つかった、因縁の関係にあるアイアンマンとキャプテン・アメリカの共通点が泣ける。
※この記事には『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』のネタバレが含まれます。

アイアンマンとキャプテン・アメリカの共通点

 マーベルMCU映画で高い人気を誇るアイアンマンキャプテン・アメリカ

 アベンジャーズの一員として共に戦ってきた戦友でありながら、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から2人の関係に亀裂が入って以降その確執は消えず、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では共演シーンは一切なかった。

画像: アイアンマンとキャプテン・アメリカの共通点

 アイアンマンとキャプテン・アメリカが一緒に映るシーンが一度もなかったにもかかわらず、2人の共通点があったことがファンの指摘によって発覚。

 その共通点が、Redditに共有されると「切なすぎる」とファンの心を揺さぶっている。

 共通点が見つかったのは、アイアンマンが宇宙船に乗り込んだ時に、婚約者のペッパー・ポッツと通話するシーン。

 このシーンの時に使われたオーケストラの効果音が、なんと2011年に公開された『キャプテン・アメリカ:ファースト・アベンジャー』のラストシーンで、キャプテン・アメリカが氷河に突っ込む直前に、恋仲にあるペギー・カーターと会話する時にも使われていた効果音だった。

 「This is My Choice(意味:これが私の選択)」という曲名の楽曲が流れるのは、キャプテン・アメリカがペギーとのデートの約束をするも、70年間も氷漬けになることになるシーン。

画像: Captain America - Plane Crash Scene www.youtube.com

Captain America - Plane Crash Scene

www.youtube.com

 これと同じ曲が、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、宇宙船にいるアイアンマンがペッパーと一生の別れを告げることになるかもしれないと覚悟を決めるシーンで流れる。

 どちらも“愛する人との別れ”を連想されるシーンで使われたこの楽曲。その後に起きる出来事を思うと「This is My Choice(これが私の選択)」という曲名すら胸が痛くなる。

 何度も見返したくなるような細かいこだわりを仕込む映画の製作陣に感心すると同時に、それを見つけたファンの洞察力にもあっぱれといったところ。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.