いざ旅行!という時、その日のアウトフィットに合わせてトータルコーディネートできる、オシャレ&機能的なトラベルバッグをご紹介。

リモワ

 機能性だけでなく、スタイリッシュな見た目で、いろいろなファッションに合わせやすいのもポイント。とくに注目したいのが、そのウィール。うるさくなりがちなスーツケースの中で、リモワならびっくりするくらい静かに移動することが可能。スーツケースはリモワなしでは語れないといえるほど、王道のブランド。

画像: www.rimowa.com
www.rimowa.com
画像: アレッサンドラ・アンブロジオは、リモワのブラックのスーツケースを愛用。ブラックなら、鮮やかなカラーコーデにもうるさくならずに合わせられる。

アレッサンドラ・アンブロジオは、リモワのブラックのスーツケースを愛用。ブラックなら、鮮やかなカラーコーデにもうるさくならずに合わせられる。


トゥミ

画像: www.tumi.co.jp
www.tumi.co.jp

 ビジネスバッグの印象が強いトゥミは、じつは世界ではスーツケースのブランドとして名が知られている。そんなトゥミは、ビジネスライクなものからオシャレなスーツケースまで、男女問わず様々な用途に合わせやすい製品を作っている。


アウェイ

画像: www.awaytravel.com
www.awaytravel.com

 アウェイにしかない特徴が、なんといってもUSB搭載のスーツケースだということ。飛行機に乗る前や乗った後、スマホやパソコンを充電するために、空港内を歩きまわって探す必要もこれならなし。

画像: マーゴット・ロビーもアウェイのブラックのスーツケースを使用。シンプルでスタイリッシュな見た目が評価されている。

マーゴット・ロビーもアウェイのブラックのスーツケースを使用。シンプルでスタイリッシュな見た目が評価されている。


ゴヤール

画像: www.goyard.com
www.goyard.com

 パリで生まれたハイブランド、ゴヤール。トレードマークのこのヘリンボーンの模様は、スーツケースだけでなくショルダーバッグを街などで見かけたことがある人も多いのでは。ルイ・ヴィトンのモノグラムがレザー生地なのに対し、ゴヤールは麻や綿で作られているため、防水機能もバッチリで、旅行先で水に濡れることがあっても心配無用。


ルイ・ヴィトン

 持っているだけでコーデが一気に上品になる、ルイ・ヴィトンのモノグラムスーツケース。たくさんのセレブからも長年愛されている製品。持つだけで、ステートメントバッグとして使うこともできる優れもの。カーダシアン姉妹やジジ・ハディッドなどもよく愛用している。

画像: キム・カーダシアン。全身ブラックコーデに、ブラウンレザーのルイ・ヴィトンのモノグラムスーツケースがアクセントになっている。

キム・カーダシアン。全身ブラックコーデに、ブラウンレザーのルイ・ヴィトンのモノグラムスーツケースがアクセントになっている。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.