ファンの投票によって受賞作品および受賞者が決まるティーンの祭典「ティーン・チョイス・アワード 2018」が開催され、ドラマ『リバーデイル』が圧倒的な強さと人気の高さを見せつけた。

話題の青春ミステリードラマが人気を独占

 現地時間8月12日にアメリカで開催された「ティーン・チョイス・アワード 2018」で、話題の青春ミステリードラマ『リバーデイル』が2年連続となるドラマテレビ作品賞をふくむ6部門で受賞を果たし、名実ともに人気NO.1ドラマに輝いた。

画像: 左からベティ役のリリ・ラインハート、ヴェロニカ役のカミラ・メンデス、ジャグヘッド役のコール・スプラウス、アーチー役のK.J.アパ。

左からベティ役のリリ・ラインハート、ヴェロニカ役のカミラ・メンデス、ジャグヘッド役のコール・スプラウス、アーチー役のK.J.アパ。

 以下、『リバーデイル』とその出演者が受賞した項目。

ドラマテレビ作品賞:ドラマ『リバーデイル』
ドラマテレビ俳優賞:コール・スプラウス(ドラマ『リバーデイル』)
ドラマテレビ女優賞:リリ・ラインハート(ドラマ『リバーデイル』)
テレビカップル賞:リリ・ラインハート&コール・スプラウス(ドラマ『リバーデイル』)
テレビ悪役賞:マーク・コンスエロス(ドラマ『リバーデイル』)
ブレイクアウトテレビスター賞:ヴァネッサ・モーガン(ドラマ『リバーデイル』)

 ちなみに、ドラマテレビ作品賞以外に、ドラマテレビ俳優賞、テレビカップル賞、ブレイクアウトテレビスター賞(※)も『リバーデイル』のキャストが2年連続で受賞している。
※去年はリリ・ラインハートが受賞した。

恋愛 × 友情 × ミステリー = リバーデイル

 ドラマ『ゴシップガール』と『プリティ・リトル・ライアーズ』を足して二で割ったような作品として話題の青春“ゴシップ”ミステリードラマ『リバーデイル』。高校生活を描いたドラマならではの甘酸っぱい青春シーンもありつつ、大人でもハマるミステリー要素もたっぷりで、幅広い世代から支持を受けている。

画像1: 恋愛 × 友情 × ミステリー = リバーデイル

『リバーデイル』
物語の舞台は、アメリカのとある小さな町リバーデイル。地元の高校に通うアメフト部のキャプテンで資産家の息子ジェイソン・ブロッサムが何者かに殺害され、遺体となって発見された事件をきっかけに平和だった町に不穏な空気が流れ始める…。主人公のアーチーと彼の友人たちは、謎に包まれたこの事件の真相に迫るべく“探偵ごっこ”を始めるが、やがて自分たちの両親や町の住人たちが抱えるヒミツや深い闇を知ることに。

 美男美女だらけのキャストについてもっと知りたい方はコチラから。


『リバーデイル<シーズン1>』

画像2: 恋愛 × 友情 × ミステリー = リバーデイル

『リバーデイル<シーズン1>』
DVD & ブルーレイ8月8日(水)発売/レンタル同時開始
DVD 3枚組 9,400+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
デジタル配信も同時スタート!
詳しくは公式サイトへ。

画像: BD/DVD/デジタル「リバーデイル<シーズン1>」8.8リリース / デジタル同時配信 www.youtube.com

BD/DVD/デジタル「リバーデイル<シーズン1>」8.8リリース / デジタル同時配信

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.