ニッキー・ミナージュがニューアルバム『クイーン』に入りきらなかった楽曲「Sorry(ソーリー)」をリリース。

 8月10日にニューアルバム『クイーン』をリリースしたニッキー・ミナージュが、アルバムに入りきらなかった楽曲として、新曲「Sorry(ソーリー)」をリリースした。

 今年1月まで交際していた元恋人であり、90年代のヒップホップを牽引した大御所ラッパーのナズをフィーチャリングした同曲は、「ヘイ、ベイビー/あなたが私の心を打ち砕いたとしても/まだ愛している」といった歌詞から始まるポップなラブソング。

画像: ニッキー・ミナージュ、新アルバムに入りきらなかった曲が豪華すぎる

 「ソーリー/それしか言えないの/時が経っても言葉はそう簡単に出てこないのね/“許して”とか/言っていいわよ、ベイビー/マイベイビー、今夜抱きしめていい?/そして正しい言葉を教えてあげる/正しいタイミングで/あなたはナズよ」というサビ部分から、この楽曲は2人の関係を歌ったものなのでは?という憶測が広がっている。

 

画像: Sorry - Nicki Minaj Ft. Nas www.youtube.com

Sorry - Nicki Minaj Ft. Nas

www.youtube.com

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.