女性シンガーのアレサ・フランクリンが米現地時間の8月16日に、ミシガン州デトロイトの自宅で息を引き取った。享年76歳だった。

 米TMZの報道によると、アレサは膵臓癌(すいぞうがん)との闘病の末に死去。

 彼女の遺族は声明の中で「私たちの人生において最も暗い瞬間が訪れました。心の痛みを表現するのにふさわしい言葉が見つかりません。私たちは家族の中枢であり、尊い女性リーダーを失いました」とコメントしている。

 以前から体調不良が伝えられていた彼女は、ここ数日の間危篤状態にあることが報じられ、シンガーのビヨンセとその夫でラッパーのジェイ・Zが夫妻のジョイントツアーのデトロイト公演を捧げ、回復を祈っていた。

 圧倒的な歌声で”クイーン・オブ・ソウル(ソウルの女王)”、”レディ・ソウル”の異名で親しまれていたアレサは、1960年代に「貴方だけを愛して」、「リスペクト」などが大ヒット。

 音楽界の歴史の1つを創った偉大なる女性シンガーの急逝に、世界中が涙している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.