およそ11キロもある太っちょ猫に世界中からラブコールが止まらない。

「僕はブルーノ」保護猫にラブコール殺到

 11キロ超えの風変りな太っちょ猫の“家探し”に世界中から温かな声援が寄せられている。

 米シカゴで保護されている7歳のロシアンブルーのミックス猫が、新しい飼い主を探している。

 ブルーノという名前のこの猫は、肥満ということを除けばどこも身体に問題はない。

 食べることとおしゃべりが大好きだというブルーノが、後ろ足だけで立つという“太っちょ”らしからぬ特技を披露した写真とともに、飼い主募集の広告がネットに掲載されると、たちまち時の人ならぬ時の猫に。

画像: Wright Way Rescue www.facebook.com

TOO COOL TO BE HOMELESS! We're not sure how Bruno hasn't found his forever home yet! He's the COOLEST cat! Hi, my name...

Wright Way Rescueさんの投稿 2018年8月15日水曜日

Wright Way Rescue

www.facebook.com

 お腹がすいた時にこの体勢になるというブルーノ。立つことでよりぽっこりお腹が目立つ姿に「カワイイ!」といった声が殺到するとともに、ぜひ引き取りたいと要請する声も世界中から相次いでいるという。

 そんなブルーノは現在、新しい飼い主が決まるまで、絶賛ダイエット中なのだとか。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.