人気女性ラッパーのカーディ・Bが、MTV主催のビデオ・ミュージック・アワードのレッドカーペットに登場した。

 日本時間8月21日にアメリカで行われている音楽会最大級のアワードのひとつであるMTVのビデオ・ミュージック・アワード(VMA)。そんなMTV VMAのレッドカーペットに、今回のアワードで注目を集めるカーディ・Bが登場。彼女は7月に第1子であるカルチャーちゃんを出産したばかりで、今回が出産後初の公の場。

画像1: カーディ・B、出産後初のレッドカーペットは驚きのヘアスタイルで登場【VMA2018】

 レッドカーペットに登場したカーディは、Nicolas Jebranの高級感あるベルベット地の大胆なドレスに身を包み、アクセサリーはLorraine Schwartzのエメラルドをチョイスして大人っぽいスタイルを披露。

 そして注目されたのは、カーディのヘアスタイル。なんとカーディは、ピクシーカットでレッドカーペットに登場。これまでのロングヘアのイメージからは打って変わったヘアスタイルで多くの人を驚かせた。

画像2: カーディ・B、出産後初のレッドカーペットは驚きのヘアスタイルで登場【VMA2018】

 そんなカーディは、今回のMTV VMAで最優秀新人アーティスト賞をはじめ、最優秀ビデオ賞や最優秀ヒップホップ・ビデオ賞など、計10部門と今年最多ノミネートされている。一体彼女は何部門受賞するのか注目したい。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.