シンガーのアリアナ・グランデの名字の読み方は本当は「グランデ」じゃない⁉︎

読み方を"変えた"と明かす

 新アルバム『スウィートナー(Sweetener)』のプロモーションのためにラジオ番組に出演したアリアナ・グランデが、自身の名字「Grande」の読み方が「グランデ」ではなく「グランディー」であると明かし、ファンを驚かせた。

画像: 読み方を"変えた"と明かす

 アリアナによると、イタリアからアメリカにわたってきた彼女の祖父は、よりアメリカナイズされた「グランディー」という読み方を好んで使用していたが、それをある時彼女の兄フランキー・グランデが「おもしろいから」という理由で「グランデ」に変更。

 それがそのまま家族のなかでも定着して、現在の名字「グランデ」として世間にも知られることになったという。

miss n love u forever my best friend #4years

A post shared by Ariana Grande (@arianagrande) on

 ただし、亡き祖父のことを心から慕うアリアナは、祖父が好んで使っていた「グランディー」という読み方を恋しく思うこともあるようで「『グランディー』って言うと祖父のことを思い出すの。もっと『グランディー』っていう名前を口にすればよかった」と語った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.