クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題:Once Upon a Time in Hollywood)』に、新たなキャストが加わった。

 ブラッド・ピットレオナルド・ディカプリオがW主演を務めるクエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題:Once Upon a Time in Hollywood)』は、1969年にチャールズ・マンソン率いるカルト軍団「マンソン・ファミリー」が女優のシャロン・テート含む複数名を殺害した実際の事件を基に描いていく。

画像: 公開された映画のファーストルック。

公開された映画のファーストルック。

 すでに『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビーや『アイ・アム・サム』のダコタ・ファニング、タランティーノ作品の常連でもあるカート・ラッセルなど豪華キャストが発表されている。

画像: マーゴットが演じるのは女優のシャロン・テート。

マーゴットが演じるのは女優のシャロン・テート。

 現在ロサンゼルスにて撮影中で、ブラッドとレオナルドが一緒に車に乗る撮影現場の写真をフロントロウでも紹介したばかり。

画像: 撮影中に談笑するタランティーノ監督とマーゴット。

撮影中に談笑するタランティーノ監督とマーゴット。

新たなキャストが決定

 そんな話題作に、新たなキャストが加わることが発表された。そのキャストとは、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のレナ・ダナムや、ヴァネッサ・ハジェンズの恋人で俳優のオースティン・バトラー、ユマ・サーマンとイーサン・ホークの娘マヤ・サーマン、モデルや女優として活躍するロレンツァ・イッツォ。

画像: 左からレナ、オースティン、マヤ、ロレンツァ。

左からレナ、オースティン、マヤ、ロレンツァ。

 個性的な顔ぶれが新たに加わった『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、複数のエピソードを同時に描くオムニバス形式で描かれるという話も。同作の全米公開は2019年8月9日の予定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.