リアリティスターのキム・カーダシアンが、首にネックレスを埋め込んだ動画をアップし、その異様な光景に多くのファンがざわついている。

 キム・カーダシアンがSNSに載せたその動画には、何やら首に輪っかのネックレスのようなものをつけているキムの姿が。よく見てみると、輪っかの中がピカピカと光っていることが分かる。

 どう見てもキムの首に光るネックレスが埋め込まれたようにしか見えないことから、ファンたちから「一体これは何!?」と質問が殺到。

 ご心配なく。キムは本当に首にネックレスを埋め込んだのではなく、これはある特殊メイクの一部。じつはこれ、キムの長年の友人であるサイモン・ハックが9月にニューヨークで行うアート展「A. Human」のPR。

 サイモンが生み出したこのアート展「A. Human」とは、ファッションの未来を変えるという目的で誕生したもの。サイモンは、「ユートピアな世界は作りたくなかったけど、楽天的な世界は作りたいと思ったんだ。ファッションの未来と自己表現の未来を、未来を見る1つの方法として使いたかったんだよ」と米Vogueに明かしている。

 キムは友人として、サイモンのアート展を多くの人に知ってもらうためにPRを行っていたのだ。キムだけでなく、キムの友人であるクリッシー・テイゲンも胸元に羽根をつけて写真を投稿。

画像: キム・カーダシアン、首に光るネックレスを埋め込んだ動画にファンがざわざわ

 一見ぞっとしてしまうけれど、もちろんこれも特殊メイク。サイモンのアート展「A. Human」は、ニューヨークにて9月5日からスタートする。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.