一見、何の変哲も無いベテラン看護師と新人研修医のツーショットに秘められた逸話に胸が熱くなる。

28年の時を越えた「奇跡の再会」

 米カリフォルニア州にあるスタンフォード大学ルシール・パッカード小児病院のNICU(新生児集中治療室)に30年以上に渡り勤務するベテラン看護師のヴィルマ・ウォンは、この夏、ある男性とまるで奇跡のような再会を果たした。

 ヴィルマが28年という歳月を越えて対面したのは、同大学で小児神経学を学んでいるブランドン・セミナトーレ。現在28歳の彼は、じつは、ヴィルマがかつてNICUでケアを行った患者の1人だった。 

 母親の妊娠29週で誕生し、低体重児としてNICUで治療を受けていたブランドンはヴィルマの献身的な看護の甲斐もあり、無事すくすくと成長し退院。

 その後、とくに連絡を取り合うことは無かったものの、ブランドンの名前がずっと記憶の片隅に残っていたヴィルマが、自身が所属するチームに研修医として配属になった彼に「もしかして…?」と尋ねたところ、2人の心温まる繋がりが判明した。

 ルシール・パッカード小児病院は、公式フェイスブックで最近撮影されたヴィルマとブランドンのツーショット写真と、28年前にNICUで撮影された2人のツーショットを並べて公開。

画像: © Stanford Children's Health - Lucile Packard Children's Hospital Stanford/ Facebook www.facebook.com

© Stanford Children's Health - Lucile Packard Children's Hospital Stanford/ Facebook

www.facebook.com

 自身が誠心誠意ケアを担当した赤ちゃんを30年近くずっと忘れずに覚えていたヴィルマと、未熟児として誕生しながらも無事健康な成人男性へと成長し、病に苦しむ子供たちを救いたいと小児科医を志すブランドンの「奇跡の再会」に感動する人が続出している。

(フロントロウ編集部)

 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.