ルイ・トムリンソンが、「ワン・ダイレクション(One Direction)」というグループ名に対してもの申す!

思わず本音をポロリ

 活動休止中のワン・ダイレクション(1D)のメンバーで、現在はソロとして活動するルイ・トムリンソンが「ワン・ダイレクション(One Direction)」というグループ名について、“今さら”あるクレームをつけた。

 「グループ名について言いたいことがあるんだ。多分、メンバーの誰も『ワン・ダイレクション』という名前を気に入ってなかったと思う。名前の意味をよく考えると、ちょっと陳腐な感じがするでしょ」

画像1: 思わず本音をポロリ

 現在、自身がデビューするきっかけとなった音楽オーディション番組『Xファクター』に、参加者ではなく審査員という立場で出演しているルイ。そのなかでアーティストの今後を左右することになる「グループ名」の話になった際、グループやメンバーに対する愛情に変わりはないが、「ワン・ダイレクション」というグループ名に対しては不満を持っていたことを明かした。

画像2: 思わず本音をポロリ

 ちなみに、「ワン・ダイレクション」という名前はメンバーのハリー・スタイルズが考えたものであると、ハリー本人が「(ワン・ダイレクションと名付けたのは)たしか僕だと思う。みんなで名前を出し合っている時にたまたま思いついて、そしたらみんなも『ああ、いいね』って感じだった」と、米TV番組『サンデー・モーニング』のインタビューで認めている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.