元恋人でラッパーのマック・ミラーの死に沈黙を貫いていたシンガーのアリアナ・グランデが、SNSで1枚の写真を公開し、彼の死を偲んだ。

アリアナの悲痛な思いが伝わる“1枚の写真”

 現地時間9月7日、26歳の若さでこの世を去ったマック・ミラーと今年5月頃まで交際していたアリアナ・グランデが、元恋人への追悼の意を込めてアリアナ自身が撮影したと思われる1枚の写真をインスタグラムで公開。写真にコメントは添えられておらず、あえて「無言」でその深い悲しみを表した。

 ファンサイトをのぞくと、双方のファンから「切ないけどとても素敵な写真」といったコメントが殺到していた。

 マックの早すぎる死に「ひどく打ちのめされている」という話も出ていただけに、恐らく「コメントを書かなかった=ショックのあまり言葉が出ない」ということなのだろう。

 ちなみに、マックが薬物を摂取したことも、そのことが原因で亡くなったことも、決してアリアナの責任ではないが、一部の心ない人たちから彼女を責める声が上がっており、マックの死後、アリアナは自身のインスタグラムのコメント欄を閉鎖している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.