女優のブレイク・ライブリーが最新主演作のプロモーションに大忙し。朝だけで4回も違う衣装を披露したブレイクの1日のファッションを追っかけ! 

 全米公開が9月14日にせまる最新主演映画『ア・シンプル・フェイバー』のニューヨーク・プレミアが行われた9月10日、朝の情報番組をはしごするなどして作品をプロモーションしたブレイク・ライブリー

 それぞれの番組への出演に合わせて衣装チェンジしたブレイクは、この日、朝だけで4つの異なるルックを披露した。

 夜に行われたプレミアのレッドカーペットでの装いも合わせた全5ルックをレポート! 


<ルック1>

画像1: <ルック1>

 この秋冬のトレンドカラー「パープル」を基調としたコーディネートで早朝の情報番組『グッド・モーニング・アメリカ』のスタジオに到着。GUCCI(グッチ)の花柄スーツにBottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)のコートを羽織り、足元はスチュアート ワイツマン(Stuart Weitzman)のペールブルーのポインテッドトゥブーツで。

画像2: <ルック1>

<ルック2>

画像: <ルック2>

 その後、『ライブ・ウィズ・ケリー・アンド・マイケル』に立て続けに出演したブレイクは、今度はネイビー、ホワイト、ブライトグリーンのレトロ配色コーデに変身。格子チェックのタートルネックをインしてミッドセンチュリー風に。小物にはなんと“杖”をチョイス。

画像: 耳元には大き目サイズのパールフープピアスをONして華やかに。

耳元には大き目サイズのパールフープピアスをONして華やかに。


<ルック3>

画像1: <ルック3>

 ニューヨーク市内にあるツイッターのオフィスを訪れた際には、目の覚めるようなド派手なオレンジのスーツをばっちり着こなして。Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)のスーツの足元に合わせたのはChristian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)の配色ローファー。

画像2: <ルック3>

<ルック4>

画像: <ルック4>

 ツイッターのオフィスからまた別の衣装に着替えて出て来たブレイク。今度はロサンゼルス出身の男性デザイナーデュオが手がける注目ブランド、Wolk
Morais(ウォーク・モレ)のデニムスーツにヴァンレンティノ(Valentino)のパープルのレースアップブーツを合わせて。この後一旦ホテルへ戻って夜の上映会に備えていた。

画像: 腰につけた懐中時計風のチェーンが小粋。

腰につけた懐中時計風のチェーンが小粋。


<ルック5>

画像: <ルック5>

 いよいよプレミアへ。夫で俳優のライアン・レイノルズもサポートに駆けつけたレッドカーペットでは、引きずるほど長いジャケットが特徴のGivenchy(ジバンシィ)の秋冬クチュールコレクションからのスーツでミステリアスなオールブラックスタイルを完全マスター。ノーブラにシースルーのラメ入りハイネックトップスをインナーに着てセクシーに。

画像: ヘビモチーフの大き目ピアスでポップさをプラス。

ヘビモチーフの大き目ピアスでポップさをプラス。

画像: 細みつあみと太みつあみを巧みに組み合わせた凝ったヘアスタイルも視線を集めていた。

細みつあみと太みつあみを巧みに組み合わせた凝ったヘアスタイルも視線を集めていた。

画像: ライアンはダークなエンジ色のスーツにエンブレム入りのストライプ柄ネクタイで。

ライアンはダークなエンジ色のスーツにエンブレム入りのストライプ柄ネクタイで。

 最近はとにかくスーツスタイルにハマっているブレイク。今回もたった1日のうちに全く個性の違うスタイリッシュなスーツコーデを披露して、「さすがファッショニスタ! 」と称賛されていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.