人気モデルのケンダル・ジェンナーが、入れているタトゥーに関する珍エピソードをApple Musicのポッドキャスト『ZAZA WORLD RADIO』で語った。

「小さいタトゥーしか入れない」

 人気モデルのケンダル・ジェンナーは、唇の裏や指など、普段の生活では気がつかないようなタトゥーを複数入れている。

画像: www.instagram.com
www.instagram.com

 「小さいタトゥーしか入れない」というこだわりを持つケンダルが、そんな極小タトゥーに関する珍エピソードをApple MusicのBeats1によるポッドキャスト『ZAZA WORLD RADIO』で明かした。

 ケンダルによると、マッサージやネイルなどで施術を受ける時に、毎回タトゥーを強くこすられるのだという。

 なんでも、ケンダルのタトゥーが小さすぎて、マッサージ師やネイリストがタトゥーを汚れだと勘違いして、「まじで毎回こすられて消そうとする」らしい。

 極小タトゥーしか入れないというこだわりから生まれた珍エピソードを語ったケンダルは、同ポッドキャストの名称であり、彼女の仲間たちのグループ名ともいえる「ZAZA」という文字のタトゥーが、体のどこかに極小サイズで入っているということも、このポッドキャストで明かした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.