俳優のロバート・パティンソンがヒット作『トワイライト』シリーズの続編についてコメントした。果たしてその可能性は?

 2009年から2012年にかけて5作品が公開され、シリーズ累計30億円以上を記録した『トワイライト』シリーズ。シリーズが終わってから8年経った今も、多くのファンに愛され続けている今作で、ヴァンパイアのエドワードを演じたロバート・パティンソンが、米Varietyに『トワイライト』の続編について話した。

画像: ロバート・パティンソン、『トワイライト』続編に乗り気?可能性についてコメント

『トワイライト』続編の可能性は…?

 続編の実現についての可能性を聞かれたロバートは、「エージェントと丁度その話をしてたんだよね。長い間肌の保湿をしてきたから、17歳を演じる準備はできてるよ!」とジョーク交じりに話し、続編について前向きな言葉を発した。

 さらに、共演者のクリステン・スチュワートやテイラー・ロートナーらと『トワイライト』を撮影した時から、「1日も経っていないような感覚だよ」とも話した。

 映画の共演がきっかけで交際をスタートさせたロバートとクリステンは、約4年間の交際の後に破局。しかし今年6月に、ジョニー・デップの娘リリー・ローズ・デップの誕生日パーティーで再会を果たし、フレンドリーな様子を見せていた。

 『トワイライト』シリーズに出演していた俳優たちはハリウッドで活躍する売れっ子たちへと成長したが、果たして実現となるのか!?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.