イギリス発のハンドメイドコスメブランドLUSH(ラッシュ)の日本法人ラッシュジャパンが、日本政府に「海洋プラスチック憲章」への署名を求めるための署名活動「#国境なき海ごみ」キャンペーンを、2018年9月18日よりスタート。

 LUSH(ラッシュ)は、チャリティーパートナー団体の一般法人JEANが実施する署名キャンペーンに参加し、JEANのウェブページや日本全国73のラッシュ店舗などで順次実施される。

ラッシュの「#国境なき海ごみ」キャンペーンとは?

 ポップなデザインに華やかな香りなど、人をハッピーにする製品を届けているラッシュだけれど、その一方で、ごみを生み出すムダな包装を排除した製品づくりなど、環境をはじめとした社会問題を考えたビジネスを展開している。

 そんなラッシュが行うこのキャンペーンは、今年6月にカナダで開催されたG7サミットで提案された、プラスチックごみによる海洋生態系等への深刻な影響の改善に取り組む行動宣言「海洋プラスチック憲章」に、日本政府にも署名するよう求めるために実施される。

 この「海洋プラスチック憲章」では、海岸に漂着したごみの回収活動に加え、不必要なプラスチック製品の削減、2040年までのプラスチック容器のリサイクル率100%達成などが掲げられ、世界規模でこの問題に取り組むためのもの。

 この憲章には、G7の7カ国のうち、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアが署名。プラスチックごみ排出量が世界1位のアメリカと2位の日本は署名に至らなかった。

 これによって各方面から批判を受けた直後、日本政府は2019年6月に大阪で開催されるG20首脳会合までに、「海洋プラスチック憲章」の各種目標も盛り込んだ「プラスチック資源循環戦略」を取りまとめる意向を表明。

 これらの状況から、プラスチックごみによる海洋汚染の世界の動きに追いつくためにも、G7の一員として、「海洋プラスチック憲章」に署名したうえでG20に臨むことを求める人々の声を可視化させるために、今回の署名活動が行われる。

 日本の海岸に漂着するごみの70~80%が、川などを通って海に流れ出た、町からの生活ごみ。そしてそのごみは、地域や国境を越えて漂流し、日本から出たごみが国外の海岸に漂着し、国外で出たごみが日本の海岸に漂着している。

 海のなかに浮かぶ島国である日本は、多くの海洋資源の恩恵を受けている国。海に囲まれて生きる私たちにできることは何なのか、今一度考えたい。

キャンペーン名: #国境なき海ごみ
実施期間・場所:
2018年9月18日(火)〜29日(土)
JEANの署名ページ「日本も『海洋プラスチック憲章』に一日も早く署名を!」

2018年9月23日(日)・24日(月) 
英国・マンチェスターで開催される「Lush Showcase 2018」       

2018年10月15日(月)〜10月31日(水) 
日本全国73店舗(予定)
※参加店舗数は変更となる可能性があります。

署名提出先: 内閣総理大臣および環境大臣
署名提出日: 2018年11月頃予定
要望事項: 「海洋プラスチック憲章」への署名
共催:一般社団法人JEAN

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.