来日したジョニー・デップが、パフォーマンス中に着用しているジャケットにある秘密が隠されていた。

 明日アサヒスーパードライのイベントに出演するために、9月13日に成田空港に降り立ったジョニー・デップ。今回は、ジョニーが参加するロックバンド、ハリウッド・ヴァンパイアーズのメンバーも一緒に来日。そしてイベントに一緒に出席してパフォーマンスを披露する予定となっている。

画像1: ジョニー・デップ、パフォーマンス中の「黒ジャケット」に隠された秘密

 そんなジョニーが、ハリウッド・ヴァンパイアーズでステージに上がるときに何度か着用している黒のジャケットがある。そのジャケットには、ある秘密が隠されていた。

画像2: ジョニー・デップ、パフォーマンス中の「黒ジャケット」に隠された秘密

ジョニーのジャケットに隠された秘密とは?

 この黒のジャケットには、様々なデザインが施されており、その中で注目するのは左胸の文字。そこには、ジョニーの娘でありモデルのリリー・ローズ・デップの名前。この文字は、実際に自分の左胸に入っており、ジャケットに描かれたリリーの名前は、タトゥー同じ位置に書かれ、フォントもタトゥーと同じ。

画像: ジョニーのジャケットに隠された秘密とは?

 さらにジャケットだけではなく、ジョニーのギターストラップにも注目。そこには「ClownBoner」という文字が入っている。この「Clown Boner」とは、実は息子のジャック・デップ君が所属しているバンドの名前。

 ジョニーは、ステージ上でも娘と息子への愛情を表現していた。

画像: ©All Access Alex

©All Access Alex

 パフォーマンス中も家族愛を忘れることなく、つねに娘と息子のことを心に留めているジョニー。来日公演でも、このジャケットやギターストラップが見られるか注目したい。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.