シーアとドリー・パートンがデュエット曲をリリース。映画『ダンプリン(Dumplin)』の挿入歌として、ドリーの名曲「ヒア・アイ・アム」の新ヴァージョンを収録した。

 顔を見せないシンガーのシーアと、カントリー界のレジェンドであるドリー・パートンが夢のコラボを果たした。

 シーアとドリーは、ドリーの代表曲の1つである「ヒア・アイ・アム」をデュエット版で新リリース。1971年に発売されたLP『コートはカラフル』の収録曲をドリーとシーアがデュエットにした新ヴァージョンは、Netflixの新作映画『ダンプリン』の挿入歌として使われる。

 ジェニファー・アニストン主演映画の『ダンプリン』は、プラスサイズの少女が美女コンテストの元優勝者である母親に反抗するために、母親が企画する美女コンテストに参加するという映画。ドリーはシーアとのコラボ曲以外に、6つの新曲を同映画の挿入歌として提供している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.