女優のブレイク・ライブリーが映画のプレミアイベントで自分の乳首が透けて見えてしまっている

透け透け衣装に愕然

  ブレイク・ライブリーがニューヨークで行われた主演映画『ア・シンプル・フェイバー』のプレミアに登場。

 もう1人の主人公ステファニーを演じた映画『ピッチ・パーフェクト』のアナ・ケンドリックやブレイク演じるミステリアスな主婦エミリーの夫役を演じた映画『クレイジー・リッチ!』のヘンリー・ゴールディングらの共演者はもちろん、夫で映画『デッドプール』の俳優ライアン・レイノルズも駆けつけたレッドカーペットで、最近スーツコーデにハマっているブレイクは全身ブラックのミステリアスなスーツスタイルを披露した。

画像1: 透け透け衣装に愕然
画像: 左から出演女優のジーン・スマート、監督のポール・フェイグ、アナ・ケンドリック、ブレイク・ライヴリー、ヘンリー・ゴールディング。

左から出演女優のジーン・スマート、監督のポール・フェイグ、アナ・ケンドリック、ブレイク・ライヴリー、ヘンリー・ゴールディング。

 ジャケットの裾が引きずるほどに長いユニークなデザインのジヴァンシィ(Givenchy)の2018年秋冬クチュールコレクションからの1着をバッチリと着こなしていたブレイク。一見パーフェクトに見える彼女のルックだったが、本人にとっては1つ大きな誤算があったよう。

 それは、インナーに着ているハイネックのトップスが、透け透けのシースルー素材だったということ。

画像2: 透け透け衣装に愕然

 もともと、男性向けにデザインされたルックだったこともあり、「まさか男性向けにシースルートップスは作らないだろう」と思っていたブレイクは、イベント前に実際に自分の元に届けられた衣装を見て愕然。

画像: ジヴァンシィのランウェイでは、確かにブレイクが着たのとまったく同じルックを男性モデルが着用していた。

ジヴァンシィのランウェイでは、確かにブレイクが着たのとまったく同じルックを男性モデルが着用していた。

 しかし、ギリギリになって衣装を変更するわけにはいかず、急遽、滞在中のホテルのコンシェルジュに連絡して用意してもらったガムテープを使い、ノーブラで着用しても乳首が見えてしまうことがないよう、何とか対応してプレミアに臨んだ。


盛大な勘違い

 しかし、ふとした瞬間に乳首が丸見えになってしまうのではないかとプレミア中も気が気ではなかったブレイクは、始終ハラハラしっぱなし。表面上は笑顔で取り繕っていたものの、内心、完全にパニックに陥ってしまっていた。

画像: プレミア前にホテルを後にするブレイク。そういえば、ジャケットが開かぬようさりげなく手で押さえているようにも見える…?

プレミア前にホテルを後にするブレイク。そういえば、ジャケットが開かぬようさりげなく手で押さえているようにも見える…? 

 そんななか、ある男性来場者がブレイクに向かって遠くの方から「あなたのバストは素晴らしいですね!」と声をかけてきた。

 自分の胸が丸見えになってしまっているのかと唖然としたブレイクは、一瞬頭が真っ白に。「一体どういうこと? それってこの状況で口に出して言うべきこと?」と大混乱していると、その男性は続けて「あなたの旦那のバストはもっと素晴らしいけですけど! 」とつけ加えた。

 そこで、ブレイクが自身が盛大な勘違いをしていたことにようやく気づく。彼は「バスト(Tits/ティッツ)」と言ったのではなく、「ツイート(Tweets/トゥイーツ)」と言ったのだと。

 ブレイクとライアンは日頃からツイッター上でお互いをイジる爆笑ツイートをやり取りしており、ファンたちの間では面白すぎると注目の的に。男性はそのことについてひと言ブレイクに伝えたかっただけだったのだ。

画像: プレミアでも仲睦まじい様子を見せていたライアン&ブレイク夫妻。

プレミアでも仲睦まじい様子を見せていたライアン&ブレイク夫妻。

 「あぁ! ツイートのことね! 」と納得したブレイクは、大きく胸を撫でおろすとともに、「え、でも、私のこっちのほうはどうかしら?」と胸のふくらみを表すジェスチャーつきでその男性に尋ねるという意味不明な行動に出てしまったと、トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジミー・ファロン』で明かし大爆笑を誘っていた。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.