モデルのカイア・ガーバーが、ファッション界の皇帝とも言われるデザイナーのカール・ラガーフェルドとのコラボコレクションを発売。そのコラボについて振り返った。

 スーパーモデルのシンディ・クロフォードの娘で、母の遺伝子を受け継いだ抜群のプロポーションを活かし、引っ張りだこのモデルとして活躍しているカイア・ガーバー。カイアは、シャネル(Chanel)やフェンディ(Fendi)のデザイナーであるカール・ラガーフェルドのお気に入りのミューズで、シャネルのショーのオープニングなどを務めている。

 そんなカイアは、カールが手がける自身のブランド、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)とコラボし、コレクションを8月30日から発売。カールは人気ファッションサイトのリボルブ(Revolve)と提携を組み、「カールxカイア・コレクション」はブランドの公式サイトとリボルブ、そしてロサンゼルス、ニューヨーク、パリのポップアップストアで販売されている。

リボルブが開催したローンチパーティーにて。

ニューヨークのファッションウィーク開催中に行われた、ポップアップストアでのイベントの様子。

パリ×LA風を融合したスタイル

 カイアは伊Vogueのインタビューで今回のコレクションについて、パリのシックで洗練されたスタイルとマリブ出身のカイアが好むスポーティでリラックス感のあるスタイルをミックスしたものだと明かした。

画像1: パリ×LA風を融合したスタイル
画像2: パリ×LA風を融合したスタイル
画像3: パリ×LA風を融合したスタイル

 カイアはカールとのコラボについて、「カールは今までずっと私のファッションヒーローだったの。実際に彼と働いてみて、やっぱりヒーローだなって思う。明確なヴィジョンを持っていて、厳しいこの世界に長い間いるでしょ。自分の仕事に対して、つねに情熱を持っている姿が大好きよ」と話した。

 10月2日にパリで行われるイベントには、カイアとカール2人そろって登場するという。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.