人気シンガーのサム・スミスが、2018年6月に破局した元恋人のブランドン・フリンについて初めて語った。

破局後の思いを初告白

 人気シンガーのサム・スミスと『13の理由』で大ブレイクした俳優のブランドン・フリンは、2017年10月から交際していたけれど、今年6月に9ヵ月の交際に終止符を打った

 ラブラブな姿が頻繁に目撃されていたカップルの破局の原因は明かされていないなかで、サムが英The Timesのインタビューで破局について初めてコメントを残した。

画像1: 破局後の思いを初告白

 サムは「この交際で得たことや、意味について今でも考えている。まだまだ辛い」と語り、破局してから3ヵ月が経ってもなお、失恋から立ち直れていないことを告白。

 リアルな心のうちを語ったサムは、破局の原因こそ言及しなかったけれど「僕の交際はすべて良い終わり方をしている。決して汚くないんだ」と、ブランドンとは円満破局だったことを主張した。

画像2: 破局後の思いを初告白

 同性愛者のカップルとしてオープンな関係を続けていたサムとブランドンだけに、サムは「ゲイカップルが公けの目に触れることは重要なことだし、新鮮なこと。重荷になるようなことはない」と、LGBT+コミュニティのカップルに対する世間の受け止め方への思いも明かした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.