俳優のクリス・エヴァンスが『アベンジャーズ』最新作の撮了を報告。同作をもって退任するキャプテン・アメリカ役への“さよならメッセージ”を公開した。(フロントロウ編集部)

 2019年に公開が予定されているシリーズ最新作『アベンジャーズ4(仮題)』をもって、長年にわたって演じてきたキャプテン・アメリカ役を“卒業”することを明かしていた俳優のクリス・エヴァンスが、ツイッターを通じて自身の出演シーンの撮影がすべて完了したことを報告。

 キャプテン・アメリカ役からの“卒業メッセージ”として共演者や制作スタッフ、世界中のシリーズファンたちに感謝の言葉を綴った。 

 

「『アベンジャーズ4』の撮影が正式に終了したよ。控えめに言っても、感情的になってしまう一日だった。8年以上もこの役を演じることができたことを誇りに思う。カメラの前の共演者たち、カメラの後ろのスタッフたち、そして観客のみなさん、この作品に貰ったたくさんの思い出にありがとう! 永遠に感謝。」

 2011年の映画『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』から約8年間にわたり、キャプテン・アメリカ役を務めてきたクリス。『アベンジャーズ』シリーズのメインキャラクターであるアイアンマンと並び、作品の重要人物として確固たる人気を築いてきた。

画像: 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』より。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』より。

 3月の卒業宣言以降、覚悟はしていたものの、やはりクリスがもうキャプテン・アメリカ役ではなくなってしまうということに悲しみを募らせているファンたちからは、嘆きのコメントとともに、「今までありがとう! 」、「お疲れ様でした」といった労いの言葉もたくさん寄せられている。

 『アベンジャーズ4』では、クリス演じるキャプテン・アメリカに一体どんな結末が待ち受けているのか、公開が待ちきれない! (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.