今年7月にモデルのヘイリー・ボールドウィンとの婚約を発表したシンガーのジャスティン・ビーバーについて、ヘイリーの父で俳優のスティーヴン・ボールドウィンは一体何を語った?

ジャスティンに対する花嫁の父の評価は?

 現在、トミー ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)のイベントに出席するために来日中のヘイリー・ボールドウィンと、“すでに結婚している”とのウワサもあるジャスティン・ビーバーについて、ヘイリーの父で俳優のスティーヴン・ボールドウィンが英Daily Mailのインタビューで語った。

 「ジャスティンは、あの頃のやんちゃな彼とはまったくの別人だ。いまや立派な大人の男性で、自分自身で人生の大切な決断をすることができる。彼はものスゴイ早さで成長しているよ。私の娘への献身ぶりに、私はとても感心しているんだ」

画像: ジャスティンに対する花嫁の父の評価は?

 すでに、生涯の伴侶として愛娘ヘイリーに献身的に尽くすジャスティンのことを、すっかり気に入っている様子のスティーヴンは、続けて婚約発表当初“スピード婚”と言われていたジャスティンとヘイリーの関係についてもこう明かした。

 「あまり知られていないようだけど、私の娘(ヘイリー)はジャスティンのことをもう10年近く知っている。とても長い付き合いだ。2人のあいだにある友情以外の特別なものを、みんなはこれまで知る機会がなかったと思うがね。だからこそ、2人が婚約したことが本当に嬉しいんだ」

 10年という長い月日をかけ、ジャスティンとの距離を縮めていったヘイリーのことをずっと見守ってきたスティーヴン。そんな裏事情を知っているからこそ、誰よりもヘイリーとジャスティンが結ばれたことが嬉しかったそう。 

 ちなみに、ジャスティンとスティーヴンは2人きりで音楽フェスに行くほど打ち解けており、ジャスティンはボールドウィン家の一員として大歓迎されている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.