アメリカ・ニューハンプシャー州の警察署が「犯人はエミネムではありません」と公式発表する異例の事態が起こった。

 ニューハンプシャー州最大の都市であるロチェスター市警が、市内のある建物への不法侵入事件について捜査。犯人特定の手掛かりを得るべく、建物内に設置された防犯カメラの映像からの画像を公開し、「心あたりのある方は、署まで連絡を」とツイッターを通じて広く呼びかけた。

画像: 「犯人はエミネムではありません」警察が異例の発表
画像: ロチェスター警察署が公開した不法侵入者の画像。©Rochester NH Police Department

ロチェスター警察署が公開した不法侵入者の画像。©Rochester NH Police Department

 すると、画像に写った白人男性の写真を見た一般市民たちの間では、この人物がラッパーのエミネムにそっくりだという話題で持ち切りに。ロチェスター市警の投稿には、「これ、エミネムじゃない?」、「エミネムにしか見えない」、「その男はエミネムです」と言った返信コメントが殺到した。

 確かに言われてみれば、この不法侵入犯は、若かりし頃、金髪にシンプルな白Tシャツ、太めのジーンズといったルックを貫いていた頃のエミネムにかなり似ている! 

画像: 2000年代のエミネム。

2000年代のエミネム。

画像: エミネムが自身のクローンを大量に登場させた「ザ・リアル・スリム・シェイディ」のMVを引き合いに出し、「犯人はあの中の1人かもしれない」と冗談を飛ばす人もいた。©Eminem /Youtube

エミネムが自身のクローンを大量に登場させた「ザ・リアル・スリム・シェイディ」のMVを引き合いに出し、「犯人はあの中の1人かもしれない」と冗談を飛ばす人もいた。©Eminem /Youtube

 しかし、多忙を極める本物のエミネムが、地方都市で不法侵入の罪などを犯すはずもなく、もちろん、これは本人ではない。

 後日、この男性の身元を突き止めたロチェスター市警は、世間のジョークに便乗した声明を発表してエミネムの身の潔白を証明した。

「アップデート:不法侵入犯の身元が判明しました。男性の正体がマーシャル・マザーズ氏(エミネムの本名)ではないことをここに発表します」。

 とんだ濡れ衣を着せられてしまったエミネムだが、この件に関して本人からのリアクションは現在のところとくに無い。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.