『ロード・オブ・ザ・リング』などを手がけた名監督、ピーター・ジャクソンの次回作として話題になっている『モータル・エンジン』の最新予告編が公開された。

 誰もが一度は耳にしたことがある、世界的超大作の『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズやそのスピンオフ『ホビット』シリーズ。これらの作品の監督を務めたピーター・ジャクソンが、新たなSFファンタジー映画の製作・脚本を務める。

 新作映画『モータル・エンジン』は、移動型都市がテーマとなってストーリーが展開される。人々はこの移動型都市に住み、小さな都市を攻撃し侵略しながら自分たちの資源を獲得していく。

 この世界において最も強大な力を持つ移動型都市がロンドン。全世界を手に入れ破滅させてしまわぬよう、謎に包まれた少女へスターがロンドンの強欲な主導者に立ち向かい、世界を守ろうとする大冒険物語。

 今回公開された最新予告編では、第1弾の映像よりも本編のストーリー性が多く映し出されていて、SFファンタジーならではの壮大な世界観が展開される。

画像: Mortal Engines NYCC Trailer (2018) | Movieclips Trailers www.youtube.com

Mortal Engines NYCC Trailer (2018) | Movieclips Trailers

www.youtube.com

 主人公のへスター役を務めるヘラ・ヒルマーをはじめ、ロバート・シーハンやヒューゴ・ウィーヴィングやスティーヴン・ラングなど、実力派俳優が出演する。そして脚本には、『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』で手を組んだ、ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエンが協力したとのことで、期待できること間違いなし。

『モータル・エンジン』は、12月14日全米公開予定。日本では2019年に公開されることが発表されている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.