イタリアのプレミアム・カジュアル・ブランドDIESEL(ディーゼル)が、「HAɄTE COUTURE(ヘイト クチュール)ーヘイトなんて、着ちらそう。」2018年秋冬キャンペーンと、HAɄTE COUTUREコレクションを発表し、同キャンペーンをを体現するイベントを、東京の寺田倉庫で2018年10月12日に開催した。

 HAɄTE COUTURE(ヘイト クチュール)とは、ソーシャルメディアの普及により誰もがネガティブなコメントや批判にさらされるが、それを皮肉や不遜な態度で応じ、ヘイトメッセージを自ら“着ちらす”ことで、ポジティブに前進しようというメッセージを発信するキャンペーン。

画像1: ディーゼルが、SNS上の批判を“着ちらす”ヘイト クチュールイベントを開催

 ニッキー・ミナージュやベラ・ソーンなどのトップセレブが参加したことでも話題のヘイト クチュールキャンペーンのイベントが、ついに東京でも開催。

画像2: ディーゼルが、SNS上の批判を“着ちらす”ヘイト クチュールイベントを開催

 DIESELは、「Diesel is dead(DIESELは終わっている)」や「Diesel is not cool anymore(DIESELはもうダサい)」など、ブランドとして受けてきた批判をデザインにしたTシャツなどのアイテムを、最新コレクションで展開。同イベントでも、ヘイトメッセージが会場に散りばめられたデコレーションを施した。

画像3: ディーゼルが、SNS上の批判を“着ちらす”ヘイト クチュールイベントを開催

 ファッションショーでは、「I can't trust you(信用できない)」などというヘイトメッセージを着用したモデルなど、東京で活躍する20人のインフルエンサーがDIESELの最新コレクションを身にまとって登場。

画像4: ディーゼルが、SNS上の批判を“着ちらす”ヘイト クチュールイベントを開催

 会場は、DIESELのクールでエネルギッシュなストリートテイストなイメージと合わせ、ヘイト クチュールの世界観が体験できるデコレーションに装飾。自身がこれまでに受けたヘイトメッセージを書き込み、プロジェクターで投影するプロジェクションウォールも設置された。

画像5: ディーゼルが、SNS上の批判を“着ちらす”ヘイト クチュールイベントを開催

 スペシャルパフォーマンスでは、CRAZYBOYこと、三代目 J Soul BrothersのELLYがサプライズで登場。会場では突然の登場にどよめきと歓声が上がり、大きな盛り上がりを見せた。

画像6: ディーゼルが、SNS上の批判を“着ちらす”ヘイト クチュールイベントを開催

 ELLYは「NEOTOKYO is DEAD 2045(ネオトウキョウは終わった)」というカスタマイズを施したDIESELのデニムジャケットを着用し、「Double Play」や「NEOTOKYO」など自身の人気曲を披露。MCでは「ヘイトを(はね返すために)クリエイトしたディーゼルは素晴らしいと思います」と称した。

画像7: ディーゼルが、SNS上の批判を“着ちらす”ヘイト クチュールイベントを開催

 さらに会場では、これまでに受けた最悪なコメントを熱圧着でカスタマイズができるサービスも行われ、人気のイラストレーターJun Inagawaによるハンドライティングイベントも実施。

画像8: ディーゼルが、SNS上の批判を“着ちらす”ヘイト クチュールイベントを開催
画像9: ディーゼルが、SNS上の批判を“着ちらす”ヘイト クチュールイベントを開催

 フロントロウ編集部もJun Inagawaに、「FRONTROW is Trash!(フロントロウはゴミ!)」というヘイトコメントとイラストを頂きました!

画像10: ディーゼルが、SNS上の批判を“着ちらす”ヘイト クチュールイベントを開催

 また、DIESELのストアではカスタマイズイベントを開催中。これまでに受けた最悪なコメントを熱圧着でカスタマイズができるHAɄTE COUTUREパッチのプレゼントも! 世界中で話題のヘイト クチュールキャンペーンをショップでも体験しよう!

HAɄTE COUTURE ストアイベント開催日程
DIESEL GINZA:10月13日(土)、14日(日)
DIESEL SHIBUYA:10月13日(土)、14日(日)
DIESEL OSAKA:10月20日(土)、21日(日)
DIESEL NAGOYA:10月27日(土)、28日(日)
DIESEL FUKUOKA:10月27日(土)、28日(日)
DIESEL ONLINE STORE:10月13日(土)〜10月19日(日)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.