イタリアのプレミアム・カジュアル・ブランドDIESEL(ディーゼル)が、「HAɄTE COUTURE(ヘイト クチュール)ーヘイトなんて、着ちらそう。」2018年秋冬キャンペーンと、HAɄTE COUTUREコレクションを発表。 

 ニッキー・ミナージュ、グッチ・メイン、ベラ・ソーンなどトップセレブを起用し、世界的に話題のキャンペーンをフロントロウ編集部がフィーチャー!

DIESEL、ヘイト・クチュール


DIESEL、ヘイト・クチュール

ヘイトなんて、着ちらそう。

 HAɄTE COUTURE(ヘイト クチュール)とは、世界中のヘイター(誹謗中傷ばかりする人)に立ち向かうメッセージ。

 今ソーシャルメディアでは、誰もがネガティブなコメントや批判にさらされている。オンラインで何かをすると、必ず誰かが批判しようと待ち構え、不当な嫌がらせを受けると、ほとんどの人は後ずさりしてしまう。

ディーゼル、ヘイト・クチュール、ニッキー・ミナージュ
「The Bad Guy(嫌なやつ)」と書かれたアイテムを着用したニッキー。

 しかし、実際は嫌がらせを受けても皮肉や不遜な態度で応じれば、それによって痛手を被る可能性は小さくなるとDIESELは考え「HAɄTE COUTURE(ヘイト クチュール)ーヘイトなんて、着ちらそう。」とアイロニーを伝えながらメッセージを投げかける。

 もっとも多くのヘイターから嫌がらせを受けているのは、セレブリティや著名人たち。そのことからDIESELは、コレクションの幕開けとして、メインキャストに世界的ラッパーのニッキー・ミナージュ、グッチ・メインらを起用し、多くのインフルエンサーもキャンペーンに参加する。

DIESEL、ヘイト・クチュール

 トップセレブが同キャンペーンに賛同して個々のメッセージを纏い、ビジュアルやムービーでファッショナブルに表現する姿にも注目。

画像1: ディーゼル、セレブが着る“ヘイト クチュール”で誹謗中傷に立ち向かうメッセージ

 HIPHOPの長者番付ランキングで、2年連続トップ20位に唯一、女性でランクインを果たしている実力派ラッパーのニッキー・ミナージュ。

  しかし男性優位的なヒップホップ業界において、ニッキーは女性ラッパーであるという理由だけで、偏見や中傷などを受けた苦悩を、米テレビ番組で訴えたこともあった。

 「時に脅しの策略をしてくる人もいる。私たちは自己防衛したり立ち上がって声をあげたりしてはいけない感じになるけど、そんなの私は認めない」と、不満があればオープンに発言する姿勢でいることの重要さを訴え続けるニッキーは、多くのセレブや世界中のファンから賛同する声が上がっている。

ニッキー・ミナージュ、DIESEL、ヘイト・クチュール

 ヘイト クチュールコレクションでは、実際にセレブたちがこれまでに受けた最悪のコメントを選び、DIESELが各々に合わせた限定のHAɄTE COUTUREアイテムをデザインしていることにも注目。

 ニッキー・ミナージュは「The Bad Guy(嫌なやつ)」というフレーズをチョイス。ニッキーが普段から愛用するビッグシルエットのアウターや、今季注目のフェイクファーのアイテムなどを大胆に、プレイフルに着こなしている。

DIESEL、ヘイト・クチュール

画像4: ディーゼル、セレブが着る“ヘイト クチュール”で誹謗中傷に立ち向かうメッセージ

 カリスマ的人気を誇るラッパーのグッチ・メインが、ディーゼルの同キャンペーンにジョインしたことも話題。

DIESEL、グッチ・メイン

 グッチはこれまでにギャング抗争や銃の所持など、私生活で多くのトラブルを抱え度重なる逮捕歴を持ち、世間からバッシングを受けてきたことも。

 しかし、2016年の出所後にリリースしたアルバムは米R&B/HIP HOPチャートで1位を獲得して復活を遂げ、「自分の人生についてやこれまで犯してきた全ての過ちを正し、自分の前にある全てのハードルを超えたい」と力強いメッセージを米テレビ番組で語って話題を呼んだ。

 そんな注目のグッチ・メインが、DIESELのヘイト クチュールキャンペーンに参加したことも話題に。グッチは「Fuck You, Imposter(くたばれ、詐欺師め)」のフレーズを選び、カラフルに彩られたアイテムをグッチらしくスタイリッシュに着こなした。

画像7: ディーゼル、セレブが着る“ヘイト クチュール”で誹謗中傷に立ち向かうメッセージ

 話題が絶えない、人気女優のベラ・ソーンも“ヘイト クチュール”キャンペーンに抜擢!

ベラ・ソーン、ディーゼル、ヘイト・クチュール
「Slut(尻軽女)」と書かれたTシャツを着用したベラ。

 元ディズニースターとして幼い頃から注目を浴びてきたベラは、成長するにつれ自分の個性を表現するスタイルに路線を変更。バイセクシャルの告白や自由奔放な大胆発言、奇抜なファッションで世間を驚かせ、多くのヘイトメッセージを受けたことも明かしている。


ベラ・ソーン、DIESEL、ヘイト・クチュール

 多くのメディアから取材を受けるベラは、誹謗中傷に屈せずつねにポジティブなメッセージを伝え続け、その姿勢は世界中のファンから支持を得ている。

 ベラはHAɄTE COUTUREキャンペーンにおいて、「Slut(尻軽女)」のフレーズを自らピックアップ。メッセージが書かれたTシャツに、ベラが普段から愛用するダメージデニムやライダースなどのエッジーなアイテムを纏い、挑発的なポーズでキャンペーンに参加。


画像8: ディーゼル、セレブが着る“ヘイト クチュール”で誹謗中傷に立ち向かうメッセージ

 さらにDIESELは、「Diesel is dead(DIESELは終わっている)」や「Diesel is not cool anymore(DIESELはもうダサい)」など、DIESELがブランドとして受けてきた批判もいくつか取り上げ、プライドをもってそれらを明らかにしながら、アイロニックに独自のスタイルに仕上げている。

ディーゼル、ヘイト・クチュール
DIESELに対する批判がメッセージになったアイテムを着用した、人気のインフルエンサー、ヨヴァンナ・ベンチュラ&ジョナサン・ベリーニ。

 
画像9: ディーゼル、セレブが着る“ヘイト クチュール”で誹謗中傷に立ち向かうメッセージ
画像: THE BAD GUY ジャケット ¥165,000 (WOMEN)

THE BAD GUY ジャケット ¥165,000 (WOMEN)

画像: THE BAD GUY フェイクファーコート ¥165,000 (WOMEN)

THE BAD GUY フェイクファーコート ¥165,000 (WOMEN)


画像: NOT COOL ANYMORE デニムジャケット ¥48,000 (MEN)

NOT COOL ANYMORE デニムジャケット ¥48,000 (MEN)

画像: IS DEAD デニムジャケット ¥38,000 (WOMEN)

IS DEAD デニムジャケット ¥38,000 (WOMEN)

画像10: ディーゼル、セレブが着る“ヘイト クチュール”で誹謗中傷に立ち向かうメッセージ
画像: IS DEAD Tシャツ ¥11,800 (UNISEX)

IS DEAD Tシャツ ¥11,800 (UNISEX)

画像11: ディーゼル、セレブが着る“ヘイト クチュール”で誹謗中傷に立ち向かうメッセージ
画像: IS DEAD スウェットパーカー ¥25,000  (UNISEX)

IS DEAD スウェットパーカー ¥25,000 (UNISEX)

画像: LOOKS LIKE A TRASH BAG スウェットドレス ¥45,000 (WOMEN)

LOOKS LIKE A TRASH BAG スウェットドレス ¥45,000 (WOMEN)

 また、HAɄTE COUTUREアイテムの売上による収益は、ONLY THE BRAVE foundationを通じて世界各国のいじめおよびネットいじめ対策の慈善活動を支援するために寄付される。

画像12: ディーゼル、セレブが着る“ヘイト クチュール”で誹謗中傷に立ち向かうメッセージ

  キャンペーン用の特別ムービーは、各セレブに合わせて作られた一連のビデオコンテンツとともに、オンラインでの嫌がらせが特に生まれやすいソーシャルメディアでの批判コメントから始まり、展開していく。

 世界中の人々に、「ヘイトなんて、着ちらそう。」というキャンペーンのメッセージを直接体験してもらえるよう、セレブたちがダンスしながら、実際に受けた嫌がらせを皮肉に称える様子が描かれている。

画像: DIESEL Ha̶u̶te Couture「ヘイトなんて、着ちらそう。」 youtu.be

DIESEL Ha̶u̶te Couture「ヘイトなんて、着ちらそう。」

youtu.be
画像13: ディーゼル、セレブが着る“ヘイト クチュール”で誹謗中傷に立ち向かうメッセージ

 DIESELでは、下記の日程でHAɄTE COUTUREのストアイベントを開催。これまでに受けた最悪のコメントで新コレクションをカスタマイズし、身につけることができるカスタマーサービスを実施。この機会にぜひショップに足を運んでみて。(フロントロウ編集部)

HAɄTE COUTUREストアイベント
10月13日・14 日 東京
10月20日・21 日 大阪
10月27日・28 日 名古屋
10月27日・28 日 福岡

DIESEL HAɄTE COUTUREコレクション
発売日:9月19日より
販売場所:DIESELの一部店舗および公式サイト

DIESEL、ヘイト・クチュール



This article is a sponsored article by
''.