意外にもすでに体に19個のタトゥーが入っているモデルのヘイリー・ボールドウィンが、つい先日結婚していることを認めた、“夫”でシンガーのジャスティン・ビーバーとのあいだに将来生まれるであろう子供に捧げる「タトゥー計画」について明かした。(フロントロウ編集部)

ヘイリーの「タトゥー計画」とは?

 今年7月にジャスティン・ビーバーとの婚約を発表し、9月に裁判所で法的に結婚の契りを交わしたヘイリー・ボールドウィンが、もし将来子供ができたら、その子に捧げるタトゥーを入れたいと米Harper's Bazaarのインタビューで語った。

画像: ヘイリーの「タトゥー計画」とは?

 「入れたいタトゥーはたくさんあるけど、将来子供ができた時に、子供の名前や思い出に残る何かのタトゥーを入れたいから、そのための場所をあけてあるの。その日がやって来るまで、とっておきの場所を残しておきたいのよ」

 一見、たくさんのタトゥーが入っているようには見えないが、じつはすでに小さな“ミニタトゥー”が19個もあるヘイリー。

画像: 従姉のアイルランド・ボールドウィンとおそろいで入れた「Baldwin(ボールドウィン)」のタトゥー。

従姉のアイルランド・ボールドウィンとおそろいで入れた「Baldwin(ボールドウィン)」のタトゥー。

 本人いわく、タトゥーを入れる時はほぼ“無計画”だそうだが、以前、米The Cutのインタビューで「タトゥーを入れる時は入れる場所のあきを取るようにしてるの。そうすることで今回は入れるべきじゃないっていう決断を下すことができる。だからしばらくはタトゥーはおあずけよ」と、むやみやたらに入れているわけではないことを明かしていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.