ドラマ『リバーデイル』の女優リリ・ラインハートが明かした“誰々の彼女”と呼ばれたくない理由が、多くの女性たちから称賛されている。(フロントロウ編集部)

リリの主張に共感の声

 話題の青春ミステリードラマ『リバーデイル』のベティ役でおなじみのリリ・ラインハートが、米Vogueのインタビューで「“誰々の彼女”と呼ばれたくない」と思っていることを明かし、その理由についてこう語った。

画像: リリの主張に共感の声

 「私についての記事をより多くの人たちに読んでもらうために、私の恋人の名前や、私より有名で私と接点のある男性の名前を出すのは、問題があると感じるわ。(男性の名前に頼らなければいけないほど)私はつまらない人間じゃない。私について書かれた記事のタイトルにほかの誰かの名前は必要ないわ」

 現在、リリは『リバーデイル』で共演している俳優のコール・スプラウスと交際中。ご存知の方も多いと思うが、お相手のコールは元ディズニースターで、10代の頃にディズニー・チャンネルのドラマ『スイート・ライフ』に出演していた。そのため、コールのほうが知名度も人気もリリよりはるかに上。

 『リバーデイル』のヒットに伴い最近は減ってきたが、付き合いたての頃は「コールの彼女」と呼ばれることも多く、長いあいだ不満や疑問を感じていたのだろう。自分の肩書きに交際男性の名前は「必要ない」ときっぱりと言い切ったリリに、多くの女性たちから称賛の声が殺到。大きな反響を集めている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.