米スターバックスからハロウィンの期間限定で販売される「魔女のフラペチーノ」の気になるお味は…?(フロントロウ編集部)

「ゾンビ」の次は「魔女」のフラペチーノ

 2017年は「ゾンビフラペチーノ」を期間限定で発売して大成功したスターバックスが、今年もハロウィンに合わせて、限定フラペチーノを発表した。

 スターバックスの2018年版ハロウィンフラペチーノは、その名も「魔女のフラペチーノ(a Witch's Brew Frappuccino)」。

画像: ©Starbucks

©Starbucks

 まるで魔女が調合したような不気味で鮮やかなパープルのフラペチーノの中には、謎のツブツブが…。トップのホイップにもグリーンのパウダーがかかっているこの「魔女のフラペチーノ」は、「カエルの息、コウモリのイボ、トカゲのウロコ」をブレンドしたものだという、まさにハロウィンなドリンク。

SUZY @suzyq255 on Instagram: “WITCH’S BREW FRAPPUCCINO . LAUNCHING TOMORROW OCT 25TH UNTIL SUPPLIES LAST! : @starbucks @starbucksgrandbazaarlv : 3619 S Las Vegas…”

www.instagram.com

 これだけ聞くと罰ゲームのような飲み物だけれど、じつはこれ、本当の材料がわかるとぜひトライしてみたくなる。

 「カエルの息」と言われるベースとなるフラペチーノのフレイバーは、オレンジクリームをパープルに色づけしただけ。

 「コウモリのイボ」と名づけたツブツブは、スーパーフードのチアシード。そして「トカゲのウロコ」と称したものは、ホイップの上にかけられた食用のグリーンのパウダー。

 コーヒー成分は入っていないというこの「魔女のフラペチーノ」は、北米の一部の店舗で限定販売される。残念ながら日本での販売は予定されていない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.