今年の夏に大ヒットを記録した映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の主演俳優クリス・プラットが、新恋人のキャサリン・シュワルツェネッガーと「結婚」を考えるほど、彼女にゾッコンになっていることがわかった。(フロントロウ編集部)

クリスとキャサリンは正真正銘の“真剣交際”

 映画『ジュラシック・ワールド』シリーズや『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどの主演作で知られるクリス・プラット(39)と、大御所俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーの愛娘キャサリン・シュワルツェネッガー(28)が近々同棲を開始するつもりであると、米E!Newsが報じている。

画像1: クリスとキャサリンは正真正銘の“真剣交際”

 関係者がE!Newsに語った話では、今年の夏頃から本格的に交際をスタートさせたクリスとキャサリンは、同棲に向けた話し合いを前向きに進めているそうで、とにかく「お互いにゾッコン」の状態だとか。

 また、別の知人は米Peopleに婚約の可能性について、「まだ交際して数ヵ月しか経っていないけど、2人とも真剣に付き合っているし、彼らの友人は2人がいつ婚約をしてもおかしくないと思っている」と発言。クリスもキャサリンも互いの家族から気に入られており、まさにお似合いの2人であると明かした。

画像2: クリスとキャサリンは正真正銘の“真剣交際”

 ちなみに、ご存知の方も多いと思うが、クリスは昨年離婚を発表した元妻で女優のアンナ・ファリスと、最近になってようやく離婚の最終合意書に署名

 クリスとアンナのあいだには6歳になる息子のジャック君がいるが、親権は2人が共同で持つことになるといい、今後クリスの妻になる可能性もあるキャサリンはすでにジャック君と対面済みである。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.