「MTV ヨーロッパ・ミュージック・アワード(EMA)」に出席したシンガーのカミラ・カベロが、高い位置での「ポニーテール」に初めて挑戦した結果、“髪が引っ張られて頭が痛い”と悲鳴。ポニーテールにしていることが多い、友人でシンガーのアリアナ・グランデに助けを求めたのが、まさかの結末を迎えることに。(フロントロウ編集部)

カミラがアリアナにSOS

 現地時間11月4日、スペイン・ビルバオで開催された「MTV ヨーロッパ・ミュージック・アワード」(以下EMA)に出席したカミラ・カベロが、高い位置で結んだキュートなポニーテールでレッドカーペットに登場。

画像1: カミラがアリアナにSOS

 しかし、新しく挑戦したヘアスタイルに最初はノリノリだったカミラだが、次第に髪の毛全体が引っ張られる感覚に耐えられなくなり、痛みを感じるように…。そんな時、彼女が真っ先に思いついたのが、ポニーテールが“トレードマーク”のアリアナ・グランデに相談することだった。

 「高い位置でのポニーテールに今日初めて挑戦したんだけど、脳みそが引っ張られてものすごく痛い!あなた(アリアナ)はいつもどうやってるの?」

 続けて、今年6月にアリアナが元恋人のピート・デヴィッドソンとの婚約を発表した際に、“じゃあ私たちは離婚ね”と冗談を言い合っていたことを思い出したカミラは、どさくさにまぎれて再びプロポーズ。

 「あと、また私の妻になってくれる?」

 それから待つこと約5分。カミラの“悲痛な叫び”と、それに便乗した再プロポーズにアリアナが即座に反応した。

 「うーん、多分あなたは地毛でやってるから余計に痛いんだと思う。なんちゃって。ウソよ。私もつねに痛みを感じるけど、今じゃ全然気にならなくなっちゃった」

 「えっと、それから…またプロポーズされるなんて思ってもなかったわ。私のもとに帰っておいで、ベイビーガール」

 しかし、これらのやりとりもむなしく、アリアナからの返事を受け取ってから15分後にカミラはポニーテールをやめて髪を下ろすことを決断。さんざん付き合わされたアリアナはうんざりかと思いきや、「(カミラが元気になって)私も嬉しいわ」と喜んだ。

 そんなカミラは、こちらが思っている以上にポニーテールに苦しめられたようで、その後再びツイッターで「もう2度とこの髪型(高い位置でポニーテール)にはしない」と愚痴をこぼしていた。

 ちなみに、カミラは今回のEMAで「最優秀アーティスト賞」を含む4冠を達成。アメリカ国内だけでなく、ヨーロッパでも圧倒的な人気ぶりを見せた。

画像2: カミラがアリアナにSOS

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.