リアリティスターのキム・カーダシアンが、元恋人でシンガーのレイ・ジェイが“キムとの情事”について様々なところで吹聴しまくっていることに対して、「病的なほどのウソつき」と罵った。(フロントロウ編集部)

キムが元彼を痛烈批判

 キム・カーダシアンと2003年から2005年までの約3年間交際をしていた元恋人のレイ・ジェイが、先日、英The Sunのインタビューでキムとのベッドの上での出来事を暴露。「性行為中にメイク直しをしていた」など、キムとの性生活について赤裸々に語った。

画像1: キムが元彼を痛烈批判

 「(キムの夫カニエ・ウェストより)俺のほうが先にキムとヤッたんだぜ。キムと俺はものすごく楽しい時間を過ごした。マラソンばりに長時間のセックスタイムをね。でも彼女は汗をかくのがあまり好きじゃなくて、汗ばむと行為を中断してメイク直しをしてたよ。セックスの最中も自分をよく見せることばかり考えてた。照明もそうだし、ムードを作ることにもこだわっていたね。とにかくワイルドだったよ。ルイ・ヴィトン製の真っ赤なスーツケースに大人のオモチャが大量に入っていた」

 このレイの暴露話に世間がザワつくなか、ファンが投稿した「こんな話をするなんて、彼はよっぽど自尊心が低いのね」というツイートを偶然目にしたキムは、皮肉たっぷりにこう返信。

 「それか、彼は病的なほどのウソつきってことね。まさか彼の話を信じているわけじゃないわよね?私にはおもしろくてしょうがないわ!」

 レイの主張は“嘘八百”とバッサリ切り捨て、別れてから10年以上経つにもかかわらず、いまだに自分のことを利用しようとする元彼の発言を「おもしろすぎ」と嘲笑した。

画像2: キムが元彼を痛烈批判

 ちなみに、ご存知の方も多いと思うが、レイにはキムとの交際中に撮影したいわゆる「セックステープ」を、破局後に“アダルトビデオ”として売り出した過去がある。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.