活動休止中のワン・ダイレクションのメンバーで現在はソロとして活動するハリー・スタイルズが、俳優のティモシー・シャラメとの対談で、彼の代表作である映画『君の名前で僕を呼んで』の“あのシーン”に関する素朴な疑問を投げかけた。(フロントロウ編集部)

“あの事”についてハリーが思い切って質問

 英カルチャー誌i-Dの企画でティモシー・シャラメと対談をおこなったハリー・スタイルズが、ティモシーが出演する男性同士の淡いひと夏の恋を描いた映画『君の名前で僕を呼んで』に出てくる「桃」を使った禁断のラブシーンを見て、ふと頭をよぎった“ある疑問”をぶつけて話題になっている。

画像1: “あの事”についてハリーが思い切って質問

 ネタバレになってしまうので簡潔に説明すると、『君の名前で僕を呼んで』でティモシー演じるエリオが自慰行為をする際に「桃」が印象的なかたちで使われているのだが、そのシーンに衝撃を受けたというハリーがティモシーにこんなことを質問。

 「あのシーンを演じたあとでも普通に桃を食べられる?」

画像2: “あの事”についてハリーが思い切って質問

 このハリーからのストレートな質問に、ティモシーは「ん〜」と一瞬間を置いてから「食べられるけど、やっぱりあのシーンのことは思い出しちゃうかな」と返答。

 続けてハリーが「受け入れるのに苦労した」と正直な感想を言うと、ティモシーは「両親と一緒に見るには世界で最も奇妙なシーンだと思う。かわいそうな僕の父」と返し、なんと例のシーンを自身の父親と一緒に見たことを明かした。

画像: 映画『君の名前で僕を呼んで』より。

映画『君の名前で僕を呼んで』より。

 ちなみに、このティモシーの衝撃の告白に、ハリーは「君のお父さんもきっと(桃を使って)同じことをした経験があるから心配ないよ」と過激なジョークで応じ、“桃トーク”に花を咲かせた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.