現地時間11月8日に開催される米大手ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」(以下ヴィクシー)のファッションショーを目前に、モデルのロミー・ストリドがスワロフスキーとのコラボルックを本番よりひと足先に披露した。(フロントロウ編集部)

今年はロミーが“スワロフスキールック”を着用

 もうまもなく米ニューヨークで開催される「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー」(以下ヴィクシーショー)の本番を目前に、ヴィクシーの広告塔、通称エンジェルのロミー・ストリドが今年の"スワロフスキールック”に抜擢されたことが発表された。

画像1: 今年はロミーが“スワロフスキールック”を着用

 2003年からヴィクシーと手を組み、ヴィクシーショーでスペシャルなコラボルックを披露し続けているスワロフスキー。

画像2: 今年はロミーが“スワロフスキールック”を着用

 米Peopleによると、シースルーのボディスーツは約7万個、スパイク型の“ウィング”は約55,000個のスワロフスキー・クリスタルを使用しており、ウィングにいたっては制作するのに150時間以上もかかったという。

画像3: 今年はロミーが“スワロフスキールック”を着用

 ちなみに、ウィングは見た目にもかなり重そうだが、実際に約12kgもの重さがあるそう。

画像4: 今年はロミーが“スワロフスキールック”を着用

 今回、大役に抜擢されたロミーは、下の動画のなかで「スワロフスキールックに身を包むと、まるでスーパーヒーローにでもなったような気分になるわ!この光と輝きが私を魅力的にしてくれる」と、その喜びを語った。

画像: 2018 Swarovski Look presented by Romee Strijd for the Victoria's Secret Fashion Show www.youtube.com

2018 Swarovski Look presented by Romee Strijd for the Victoria's Secret Fashion Show

www.youtube.com

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.