2015年以降、新アルバムをリリースしていないシンガーのジャスティン・ビーバーの“今”について関係者から重要な証言が...。この関係者が明かした、今のジャスティンに「絶対聞いてはいけない質問」とは?(フロントロウ編集部)

今は「音楽」よりも「自分探し」

 2015年に大ヒットアルバム『パーパス(Purpose)』を発売して以来、新しいアルバムをリリースしていないジャスティン・ビーバーの“今”について関係者が米Peopleに語った。

 「彼(ジャスティン)は今の状況に満足しているし、とても幸せなんだ。ヘイリー(・ボールドウィン)のことを心の底から愛している。彼女は、ジャスティンが自分のやりたいようにやればいいと思っていて、彼が“自分探し”のために時間を費やすことも後押ししている」

 すでにご存知かと思うが、ジャスティンはモデルのヘイリー・ボールドウィンと今年7月に婚約を発表し、それから約2ヵ月後の9月にニューヨークの裁判所で簡易的な結婚式を挙げたとされる。そんな今幸せいっぱいのジャスティンには、以前と比べて関心が薄れてしまったことがひとつだけあるという。

画像1: 今は「音楽」よりも「自分探し」

 それは、ほかでもない彼の本業である音楽活動。

 以前、フロントロウでも“ここ最近ジャスティンの元気がない理由”として、新アルバムの制作が一因にあることをお伝えしたが、音楽活動に対する悩みはまだ解消されていないどころか、気持ちはどんどん離れてしまっている一方だとか。

 「ジャスティンは、新アルバムの制作やツアーの予定について人から聞かれることにうんざりしている。彼はもう何年も頑張って働いてきた。以前、音楽活動を休止していた時、みんな『彼はいつ(表舞台に)戻ってくるんだ?』という質問を口にしていた。けれど、ジャスティンにとって、それは“質問”ではなく“要求”だったんだ。彼はずいぶん長いこと周りの人たちから搾取されてきた。今は彼の好きにさせてあげてほしい」

画像2: 今は「音楽」よりも「自分探し」

 この関係者いわく、今のジャスティンは彼のアルバムのタイトルにもなっている『目的(パーパス)』を探している真っ最中だそうで、「もしかしたら、音楽以外にやるべきことがあるのかもしれない」と考えることもあるという。

 なんにせよ、この関係者の話が本当であれば、もしどこかで偶然ジャスティンとばったり会うことがあっても、音楽活動に関する質問はしないほうがよさそうだ。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.