パリス・ヒルトンが人生3度目となる婚約破棄をしたことが分かった。(フロントロウ編集部)

 最近はDJとしての活躍が目覚ましいリアリティスターのパリス・ヒルトン(37)が、ドラマ『LEFTOVERS/残された世界』のイケメン俳優クリス・ジルカ(33)と破局。婚約を破棄したと米Just Jaredが独占で報じた。

 2016年の夏に交際をスタートしたパリスとクリスは、2018年の年始に、年末年始の休暇先として出かけたコロラド州のスキーリゾート地アスペンで婚約したことを発表。 

 スキー場のゲレンデでひざまずき、約3億円と言われるダイヤの指輪を差し出してプロポーズしたクリスの熱意にパリスが応え、晴れて婚約した2人だったが、それから1年を待たずしての破局となった。

画像: プロポーズ風景。現在はこの写真は削除されている。©Paris Hilton /Instagram

プロポーズ風景。現在はこの写真は削除されている。©Paris Hilton /Instagram

 パリスは2003年にモデルのジェイソン・ショー、2005年にはギリシャ人大富豪のパリス・ラティスと、過去に2人の男性と婚約したものの、いずれも婚約破棄に終わっている。 前回の婚約から10年以上が経ち、アラフォーとなった彼女だけに「今度こそゴールインなるか? 」と注目が集まっていたが、今回も未遂に終わってしまった。

 2人の関係者は、婚約破棄を経たパリスとクリスの今後について「パリスは自分のブランドにまつわる香水の監修などのビジネスやDJとしての活動にますます力を入れるようです。クリスは俳優としての仕事に戻り、さらにアート関連の仕事などに専念するようです」と証言している。(フロントロウ編集部) 

This article is a sponsored article by
''.