イギリスのマクドナルドがクリスマスシーズン用の動画を公開して、店舗になんと「ニンジン」を置くことを発表した。(フロントロウ編集部)

マクドナルドが「野菜」を販売

 英マクドナルドが、クリスマスイブに来店した人を対象にパックのベビーキャロットを提供することを発表。

 ハンバーガーやフライドポテトなどのいわゆるジャンクフードを販売するマクドナルドが、なぜ家族が集まるホリデーシーズンの時期で、しかもクリスマスイブという特定の日に、わざわざニンジンだけを配るのか。

 その理由がこの動画によって明かされると、一部では涙を流すファンもいるほど大きな反響を呼んでいる。

 マクドナルドが公開した動画の主役は、クリスマスシーズンのお馴染みサンタクロース。

 空飛ぶトナカイが引くソリを滑らせ、サンタクロースは世界中の良い子の家にプレゼントを届けているのだけれど、サンタクロースとトナカイはなんだか不満そう。

画像1: マクドナルドが「野菜」を販売

 なぜなら、行く家々で子供たちはサンタクロースのために食べ物を残しておいてくれるけれど、サンタクロースが探しているニンジンは置いていないから。

 どうやらサンタクロースは、世界中を駆け回るトナカイたちにニンジンをあげたいようなのだが、残念ながらニンジンを置いてくれる家庭はなく、泣く泣くサンタクロースが「みんなごめんよ、またニンジンがなかった」と謝る始末。

画像2: マクドナルドが「野菜」を販売

 どこにいってもニンジンが見つからず、トナカイたちはとうとう疲れ果ててソリの操縦も危うくなってきたその時、サンタクロースはマクドナルドの店舗を見つける。

画像3: マクドナルドが「野菜」を販売

 サンタクロースはマクドナルドに立ち寄ってからトナカイのもとに戻ってくると、「ハッピー・クリスマス」と言いながら持っているバッグを開ける。

 そこには「トナカイのおやつ(Reindeer Treats)」と書かれたベビーキャロットのパックがたくさん詰まっていた。

画像4: マクドナルドが「野菜」を販売

 マクドナルドでゲットしたベビーキャロットをサンタクロースがトナカイたちにあげるシーンで終わるこの動画。

 今まで、クリスマスイブには子供たちがサンタクロースのためにおやつを置くしきたりはあっても、トナカイにはこうした”おやつ”がなかったことから、今回マクドナルドは、トナカイ用のニンジンとして、クリスマスイブにベビーキャロットを提供することにしたという。

 そんなマクドナルドの粋な計らいに、「感動した」「泣ける」「最高のホリデーCMだ」というコメントが相次いで寄せられている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.