ベネトン ジャパン株式会社は、オカモト株式会社、公益財団法人エイズ予防財団が共催し、「世界エイズデー」である12 月1 日(土)に渋谷MODI 店頭プラザにて実施する、「オカモトラバーズ研究所presents 2018.世界エイズデーキャンペーン in SHIBUYA」に協⼒。

 早くから「エイズ」という世界的な難病に警鐘を鳴らしてきたベネトンは毎年、オカモト株式会社と公益財団法人エイズ予防財団と共に、世界的に認知されている「世界エイズデー」に合わせたイベント、啓発活動を⾏ってきた。

 今年度の活動はHIV/エイズについて啓発やサポート活動を実施している「AAA 運営事務局」と「M・A・C」とも協⼒し、若者の街「渋谷」で「印象」と「拡散」につながる啓発活動を目指す。

 今年の「世界エイズデー」のキャンペーン・テーマは、「UPDATE︕ エイズ治療のこと HIV 検査のこと」。2017 年、日本における新規HIV 感染者・エイズ患者報告数は1,389 件で、11 年ぶりに
1,400 件を割った。こうした状況に、我々は啓発活動の継続を重要視し、正しい知識や情報の提供に努めていく考え。

⼤切なことは、⾃分⾃⾝の予防策の徹底と、万が⼀感染した場合には、いち早く⾃分の感染を知り、他人への感染を阻止する事です。イベントを通じ正しい情報を発信し、また啓発資材としてコンドーム、エイズ予防のミニパンフレット等を街頭で配布する。

概要
■日時︓2018 年12 月1 日(土)
■場所︓渋谷MODI 店頭プラザ (〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3)
■内容・開催時間︓
・啓発資材の配布活動 / 11︓00〜20︓00
・化粧品ブランド「M・A・C」によるメイクアップショー / 13︓00、15︓00(予定)
・TBS ラジオ「荻上チキ Session22」エイズデー特別企画 公開録音/16︓00(予定)
・サンプラザ中野くん エイズデースペシャルライブステージ / 18︓00(予定)
■共催︓オカモト株式会社/公益財団法人エイズ予防財団
■協⼒︓AAA 運営事務局/ベネトン ジャパン株式会社/M・A・C
■後援︓厚⽣労働省/東京都

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.