11月に俳優のクリス・ジルカと婚約解消したパリス・ヒルトンが、婚約について赤裸々に語った。(フロントロウ編集部)

 2016年に交際がスタートし、2018年の年始に休暇先のスキーリゾートで婚約したパリス・ヒルトン(37)とドラマ『LEFTOVERS/残された世界』の俳優クリス・ジルカ(33)。2人は順調な交際を続けていたと思いきや、2018年11月に婚約を解消したという報道が。

 そして今回、アメリカのトーク番組『ザ・トーク』に出演したパリスが、婚約解消について自らの口で語った。

画像: パリス・ヒルトン、婚約したことについて「正しい選択ではなかった」と語る

パリスが語ったこととは?

 最近の様子を聞かれると「上手くやっているわ」と答えたパリス。その後恋愛について語ったパリスはクリスの名前こそ出さなかったものの「恋に落ちる時は、とても早くて盲目になるの。竜巻みたいに恋に落ち目まぐるしい恋愛だった」と語った。続けてパリスは「私はいつもディズニーの物語やラブストーリーに夢中だから、これが私のハッピーエンディングだと思っていたの。だけど、ただそれは正しい選択ではなかったと気づいた」と、婚約解消について明かした。

 パリスにとって3回目の婚約で、以前に比べてパリスは落ち着いているため今回こそは上手くいくと思われていたけれど、自由気ままなパリスを「婚約」という形で縛りつけることはできなかったよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.