人気ドラマ『ウォーキング・デッド』が描くのは、ゾンビが蔓延したつねに死と隣り合わせの世界。同ドラマのファンは、数々の愛すべきキャラクターが去っていく姿に涙をのみ、これもファンの宿命であったが、ある新キャラクターについて「殺さないで欲しい」と署名活動が行われている。(フロントロウ編集部)

<注意>本記事は『ウォーキング・デッド』シーズン9のネタばれが含まれます

 『ウォーキング・デッド』シーズン9では、中心的存在として活躍してきたリックとマギーが去ったあと、さまざまな新キャラクターが登場している。そんななかで「殺さないで」と署名が集まっているのは、ノーマン・リーダス演じるダリル役の新しい犬の相棒「ドッグ」。

 どのグループにも属さず、“ドッグ”と名づけた犬と一緒に、ひっそりとキャンプ暮らしをしているダリルだが、ウォーカーが近づけばご主人様に危険を知らせ、反対にドッグがウォーカーに襲われそうになったらダリルが必死に助け、すっかりドッグとダリルは深い絆で結ばれている。

 ドッグの人気が急上昇するなか、これまで多くのキャラクターの死を目の当たりにしてきたファンもドッグの死だけは想像もしたくないようで、ファンがネット署名サイトcare2 PETITIONSで「どうか『ウォーキング・デッド』のドッグを殺さないで」というキャンペーンを開始。

画像: ©care2petitions

©care2petitions

 現在すでに署名数は5万6,000件を超えて目標値の6万は目前となっており、まだまだその数字を伸ばす勢いを見せている。

ダリル役ノーマンが「ドッグはマジで最高」

 ドッグに深い愛情を持っているのは、ダリル役のノーマンも同じ。英メディアDigital Spyのインタビューでドッグについてこうベタぼめ。

画像: ダリル役ノーマンが「ドッグはマジで最高」

「アイツは最高だよ。ドッグは最高のキャストだと思う。こないだ撮影したシーンでドッグが他のことをしたがったから、予定していたシーンとは真逆の結果になったんだけど、そっちの仕上がりの方が良くってさ。多分ドッグが番組を仕切ってるんだろうな。マジで最高だ。ドッグも俺のことが大好きなんだよ」

 これまでシリーズには馬こそ登場したがペットのキャラクターは登場しなかったこともあり、ドッグの存在が良い刺激剤になっているよう。ファンの願いどおり、このままドッグはウォーカーに襲われることなく出演を続けられるだろうか。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.