幅広い世代の人たちのあいだで“定番のクリスマスソング”として定着している「All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)」を歌うシンガーのマライア・キャリーは、この曲の印税だけで毎年いくら稼いでる?(フロントロウ編集部)

たった1曲のクリスマスソングで億万長者に!?

 毎年、ホリデーシーズンになると1度は絶対に耳にする、歌姫マライア・キャリーの定番クリスマスソング「All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)」。発売から多くの年月が過ぎた現在も世界中の人たちから愛されるこの曲の印税だけで、マライアは一体毎年いくら稼いでいるのだろうか?

画像: Mariah Carey - All I Want For Christmas Is You www.youtube.com

Mariah Carey - All I Want For Christmas Is You

www.youtube.com

 英Daily Mailによると、なんとその額 約5,400万円

画像: たった1曲のクリスマスソングで億万長者に!?

 「恋人たちのクリスマス」が発売されたのは1995年。それから24年間、毎年この時期になるとマライアの懐には5,000万円超のお金が入ってくるのだ。つまり「恋人たちのクリスマス」だけで、累計約13億円近く稼いだことに。ただし、5,400万円というのは今現在の数字なので、発売当初はもっと多くの印税が入っていた可能性が高い。

 ちなみに、同じく定番のクリスマスソングとして知られる「ラスト・クリスマス(Last Christmas)」を歌うワム!には約4,300万円、「ワンダフル・クリスマスタイム(Wonderful Christmas Time)」を歌うポール・マッカートニーには約3,700万円の印税が入ってくるとDaily Mailは伝えている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.