YouTubeが2018年に最も再生されたMVのトップ10を発表した。(フロントロウ編集部)

 2018年も多くのアーティストたちがリリースしたMV。そのなかでも最もYou Tube上で再生されたMVのランキングが発表された。2018年最も再生されたMVのトップ10はこちら。

10位

オズナ×マニュエル・トゥリゾー(Manuel Turizo)「バイナ・ロカ(Vaina Loca)」

画像: Vaina Loca - Ozuna x Manuel Turizo (Video Oficial) www.youtube.com

Vaina Loca - Ozuna x Manuel Turizo (Video Oficial)

www.youtube.com

9位

レイク、オズナ、ウィシン「Me Niego」

画像: Reik - Me Niego ft. Ozuna, Wisin (Video Oficial) www.youtube.com

Reik - Me Niego ft. Ozuna, Wisin (Video Oficial)

www.youtube.com

8位

ドレイク「ゴッズ・プラン」

画像: Drake - God's Plan www.youtube.com

Drake - God's Plan

www.youtube.com

7位

エル・チョンボ「ダメ・トゥ・コシータ(Dame Tu Cosita)featカッティ・ランクス」

画像: El Chombo - Dame Tu Cosita feat. Cutty Ranks (Official Video) [Ultra Music] www.youtube.com

El Chombo - Dame Tu Cosita feat. Cutty Ranks (Official Video) [Ultra Music]

www.youtube.com

6位

ベッキー・G×ナティ・ナターシャ「Sin Pijama」

画像: Becky G, Natti Natasha - Sin Pijama (Video Oficial) www.youtube.com

Becky G, Natti Natasha - Sin Pijama (Video Oficial)

www.youtube.com

5位

オズナ×ロメオ・サントス「エル・ファルサンテ(リミックス)」

画像: Ozuna x Romeo Santos - El Farsante (Remix) (Video Oficial) www.youtube.com

Ozuna x Romeo Santos - El Farsante (Remix) (Video Oficial)

www.youtube.com

4位

ダディ・ヤンキー「ドゥラ(Dura)」

画像: Daddy Yankee | Dura (Video Oficial) www.youtube.com

Daddy Yankee | Dura (Video Oficial)

www.youtube.com

3位

マルーン・5「ガールズ・ライク・ユーFeatカーディ・B」

画像: Maroon 5 - Girls Like You ft. Cardi B www.youtube.com

Maroon 5 - Girls Like You ft. Cardi B

www.youtube.com

2位

ニッキー・ジャム×J.バルヴィン「X」

画像: Nicky Jam x J. Balvin - X (EQUIS) | Video Oficial | Prod. Afro Bros & Jeon www.youtube.com

Nicky Jam x J. Balvin - X (EQUIS) | Video Oficial | Prod. Afro Bros & Jeon

www.youtube.com

1位

キャスパー、ニオ・ガルシア、ダレル、ニッキー・ジャム、バッド・バニー、オズナ「Te Bote(Remix)」

画像: Te Bote Remix - Casper, Nio García, Darell, Nicky Jam, Bad Bunny, Ozuna | Video Oficial www.youtube.com

Te Bote Remix - Casper, Nio García, Darell, Nicky Jam, Bad Bunny, Ozuna | Video Oficial

www.youtube.com

なんと3位のマルーン5と8位のドレイク以外、すべてラテン系アーティストが関わっているMV。Spotifyで最もストリーミングされ、Billboardの年間チャートなどで常にトップに君臨していたドレイクを差し置いて、ラテン勢が上位を独占。この結果を見ると、ラテン系の勢いの凄さを改めて実感。2019年もこのままラテン系アーティストの勢いが増すのかにも注目。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.