喜びや愛が溢れるクリスマスシーズンに悲しみに暮れる人は意外に多かった?「最も破局しやすい日」はクリスマス直前だった。(フロントロウ編集部)

「最も破局する日」は12月だった

 愛する人にプレゼントを買って、ロマンチックなクリスマスを過ごそうと考えているカップルには、ぜひ目を閉じて頂きたい「最も破局する日」たる研究結果がある。

 FacebookのステータスやSNSの傾向を分析した分析結果によると、クリスマスの直前の12月11日が「最も破局する日」になるという。

画像: 「最も破局する日」は12月だった

 その要因として米KTRK-TVが提示しているのは、2つ。

 まず1つ目は、欧米ではクリスマスは日本でいうところの新年のように、家族や親戚が集まる祝日として認知されているため、とくに交際歴が短いカップルは家族に恋人を紹介することを考えた時に、「家族に会わせられる相手か」「自分が相手の家族に会いたいか」といった考えを巡らせた結果、破局してしまうケースがあるという。

 そして2つ目は、相手のことをそれほど大切に思っていないことをクリスマスプレゼントにかかる費用で気づかされるという、かなり現実的な理由。

 これらの要因は交際歴が浅ければ浅いほど適用するといい、恋愛がヒートアップして周りが見えなくなりがちな新カップルこそ、「家族」「お金」という超現実的なダブルパンチが急所に当たってしまうよう。

 ちなみに、12月11日と並んで破局する傾向にある時期が、2月14日のバレンタインを過ぎた数日間だという皮肉な結果も出ている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.