2018年にアメリカ国内でもっとも売れたアルバムが発表され、あのアーティストのアルバムが1位に輝いた。(フロントロウ編集部)

 多くのヒットアルバムがリリースされた2018年。そのなかでもアメリカ国内でもっとも売れたアルバムを米メディアBuzzAngel Musicが発表。そのアルバムランキングはストリーミングなどは除外し、純粋にアルバムが売れた数だけを集計したランキング。2018年もっともアルバムを売り上げたのは、どのアーティストか?

サプライズで楽曲を発売したあの人

 今年アメリカ国内でもっともアルバムを売り上げたのは、ラッパーのエミネム。エミネムは2018年だけでもアルバムを75万5,027枚売り上げており、その約半数にあたる37万3,447枚を8月にサプライズでリリースした日本語のタイトルがついたアルバム『カミカゼ』が占めている。

画像: サプライズで楽曲を発売したあの人

 しかし、トータル75万枚以上アルバムを売り上げているエミネムでも、ストリーミングランキングではトップ25にも入っていないことから、エミネムのファンはアルバムを好む世代が多かったという見方が強い。

 ちなみにアルバムの売り上げランキングのトップ5は以下の通り。

1位:エミネム 75万5,027枚
2位:BTS 60万3,307枚
3位:クリス・ステープルトン 57万7,287 
4位:メタリカ 53万9,861枚
5位:レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー 52万6,803枚

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.