ある女性が、男性の声だけ聞こえなくなる突発性の難聴を発症して話題になっている。(フロントロウ編集部)

朝起きてビックリ…!?

 ある日突然、交際相手の男性が聞こえなくなってしまった女性が病院へ行ったところ、高音のみ聞こえる「逆スロープ難聴」もしくは「低音障害型感音難聴(低周波難聴)」と呼ばれる、非常に珍しいタイプの“突発性難聴”の疑いがあると診断された。

 米Fox Newsによると、この女性は診察を担当した女性医師の声は聞こえていたが、途中で診察室に入ってきた男性患者の声はまったく聞こえていなかったという。

画像: 朝起きてビックリ…!?

 米テネシー州にあるシグペン・ヒヤリング・センターに務める医師は、この女性の症状について「難聴を発症した12,000人のうち、逆スロープ難聴を発症するのは1人ぐらい」と説明。ただ単純にすべての音や声が聞こえにくくなるのではなく、男性の声(低音)のみ聞こえなくなるのは、非常に稀なケースであると語った。

 今回の場合、私生活での過度なストレスや睡眠不足が原因である可能性が高いといい、しばらく安静にしていれば治る見込みだとか。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.