Photo:ゲッティイメージズ、ニュースコム、スプラッシュ/アフロ
映画『ドクター・ストレンジ』に代表される俳優のベネディクト・カンバーバッチが、新作ドラマ映画の役作りで激変した姿をみせた。(フロントロウ編集部)

 HBOが製作した、イギリスのEU離脱問題通称Brexitに焦点を当てたドラマ映画『Brexit: The Uncivil War』で、実在する政治アドバイザーであるドミニク・カミングスを演じたベネディクト・カンバーバッチ

画像1: ベネディクト・カンバーバッチ、役作りで激変!?驚きの姿に!

 依然として様々な問題が起きているBrexit問題であるうえに、ドミニク・カミングスはイギリスのEU離脱を先導したひとりであることもあり、作品自体は社会に対して責任感がないと非難の対象に。しかし、ベネディクトの本人をよく模した風貌や、目立ちすぎない演技は評価されている。

 そんな「本人をよく摸した風貌」としてベネディクトが見せた姿がコチラ。

画像2: ベネディクト・カンバーバッチ、役作りで激変!?驚きの姿に!

 ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』や映画『ドクター・ストレンジ』で多くの女性のハートをつかんだベネディクトが、驚きの姿に激変。

画像3: ベネディクト・カンバーバッチ、役作りで激変!?驚きの姿に!

 この風貌についてベネディクトはColliderのインタビューで、役になりきれるのは嬉しかったが、撮影期間中はずっと帽子をかぶっていたと告白。その一方で、家族や友人といる時は帽子を脱いで、周囲のリアクションを楽しんでいたというおちゃめなエピソードも明かした。

画像4: ベネディクト・カンバーバッチ、役作りで激変!?驚きの姿に!

 『Brexit: The Uncivil War』はHBOで配信中。予告編はこちら。

画像: Brexit (2019) | Official Trailer | HBO www.youtube.com

Brexit (2019) | Official Trailer | HBO

www.youtube.com

 (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.