世界的大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演する女優のソフィー・ターナーが明かした、撮影期間中に禁止されていた「ある事」が女性にとってはかなりツラいと話題に。(フロントロウ編集部)

とくに女性にとっては地獄の「〇〇禁止令」

 今年4月から最終章が全世界同時に放送される『ゲーム・オブ・スローンズ』で、回を追うごとに苦難の道を行くサンサを演じているソフィー・ターナーが、撮影期間中、リアリティを追及するために「髪を洗うこと」を一時期禁止されていたことを米InStyleのインタビューで明かした。

 「前半のいくつかのシーズンでは髪を洗うことを許されていたの。貴族の若い女の子の役だったから。でもシーズン5の撮影に入って、『髪を洗わないように』って言われるようになったの。あれは本当に気持ち悪かった」

画像: とくに女性にとっては地獄の「〇〇禁止令」

 幸い、地毛ではなくカツラを使用するようになったことで、好きな時に髪の毛を洗えるようになったそうだが、それでも数年間は「脂ぎった髪で過ごしていた」とのことで、改めその当時を振り返って「本当にかゆいのよ。それに、人工雪が脂っこい髪の毛にくっついちゃって、すごく不快だった」と語った。

 もちろん男性キャストも似たようなルールを課せられていたそうで、撮影期間中はシャンプーの使用などが禁止されていたとか。

 ちなみに、じつは地毛がブロンドのソフィーは、撮影期間に入るとほぼ毎週髪を染めなければならなかったことを、過去に米POPSUGARのインタビューで語っている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.